ブログ 融資・補助金

【平成29年度補正】ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業 応募総数と採択率を予想する

更新日:

スポンサーリンク

2月28日、中小企業庁が「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の公募開始を発表しました

3/1追記
2月28日、中小企業庁が「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の公募開始を発表しました。公募要領を解説しましたので、こちらもご覧ください

2018年2月より公募が開始されると見込まれている「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業」です。採択率がどうなるかというお問い合わせが多いので、当社の予測とその根拠をまとめてみました。

当社では、次回のものづくり・サービス補助金の応募総数は2.4万件程度、採択数は1万件程度。採択率は40%程度であり、2次公募まで行われると見ています。

過去の公募はどうだったか

公募期間が長いほど応募数が多くなる

過去の例を見てみると、公募期間が長いほど応募数が多くなっています。まあ当然のことですね。散布図と近似曲線を作ってみました。

直近2カ年では、公募期間日数は2ヶ月程度(60日強)ですので、今回もおそらくそのあたりだと思われます。仮に前回同様の64日とした場合、近似曲線の式にX=64を代入すると、16,107件の応募が見込まれます

採択率はどの程度か

次回の応募が16,107件だとすると、採択率はどの程度でしょうか。1万件の採択を目指すと言われていますので、単純に1万件が採択されるとなると、62%となります。これまではおおよそ採択率40%で推移していますので、かなりの高確率になりますね。

しかしここまでの高確率かどうかは疑問も残ります。平成26年度の実績を見ると、1次公募では17,128件の応募に対して、7,253件の採択でした。採択率は42.4%です。そして2次公募が行われて、全体で13,000件の採択となっています。

採択の審査事務として、地方と全国との2段階の審査を置いています。各都道府県の中小企業中央会が地方の大学の先生や経営の専門家(中小企業診断士や技術士等)を集めて審査をしています。しかしここで採否が決まるわけではなく、実際の採点結果は全国中小企業団体中央会に上程され、そこで全国の並びをとって、例えば平均点のばらつきはないかとか、重複はないかを確認しているそうです。

このような調整が入ることからも、やはり1次公募では7,000件の採択(採択率40%程度)に抑えられ、そして2次公募で残りの予算を消化する、という流れが現実的かもしれません。

ということで、次のような状況になるのではないかと予測します。

応募総数採択数採択率
1次公募16,0007,00043%
2次公募8,0003,00037.5%
合計24,00010,00041.6%

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

先端設備等導入計画作成支援情報はこちらから!
先端設備等導入計画作成代行センター

当社へのお問い合わせはこちらから!
お問い合わせ

-ブログ, 融資・補助金

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(兵庫県・神戸市) , 2018 All Rights Reserved.