補助金に関連する当ページの情報について
執筆時点に公表されている情報に基づく、当社の予測を含みます。したがって、当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募開始時に公表される公募要領を確認してください。当社は、このページの情報について保証を行いません。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページに記載されている情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ

自主性ある社員を育てるには、経営者も汗をかかなければならない

投稿日:

「うちの社員は決められたことばかりして、自分から仕事を見つけない」

「いつも私の指示を待っていて、率先して行動することがない」

僕は仕事柄、経営者と話す機会が多いのですが、自社の社員に自主性がないことを嘆く経営者をよく目にします。経営者の気持ちはわからないでもありません。グローバル化や少子高齢化といった変化の激しい環境の中、経営者が一人で常に正しい決断をできるはずはないのですから、知恵を絞り、自主的に行動する自分の分身が、一人でもほしいと思うのは当然です。

一方で社員はどう考えているのでしょうか。僕はある社員から、次のような話を聞いたことがあります。

「私も自主的に仕事をするのは重要だと思っています。しかし、勝手なことをするなと叱られたこともありました。そもそも自主的に仕事をしても、うちの会社では誰も評価してくれません」

 

野村総合研究所が2006年11月に、社員の自主性について興味深い調査をしています。自主性を十分に発揮していると自己評価した社員は76.4%いる反面、それを肯定した経営者は35.1%と、大きな開きがありました。

さきほどの社員の話からも、自主的に仕事をする重要性は理解しているものの、それを発揮できる土壌が会社にないことが推察されます。そして野村総研の調査からも、どの程度まで自主性を発揮すればよいのか、経営者と社員の間で意識にずれがあることも疑われます。自社の社員に自主性がないと嘆く経営者は、それを社員だけの問題として、一方的に切り捨ててはいないでしょうか。

社員が自主的に仕事をするためには、叱責や単なる掛け声では不十分です。ここまでは自主的に行動してよいという権限と、社員が果たさなければならない責任を明確にすること、行動の結果は正当に評価すること、よい結果が出たらそれを認めること。それは経営者でなければ作ることができないものです。つまり、自主性ある社員を育てるには、経営者も汗をかかなければならないです。

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

平成31年実施ものづくり補助金1次公募 申請支援終了について

平成31年実施ものづくり補助金1次公募の申請支援(フルサポートプラン・助言プラン・一度だけ助言プラン)は、お申込み多数のため終了いたしました。オンラインセミナー配信・オリジナル記入例等のダウンロード販売は、下記リンクから!

おすすめ人気記事

1

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 平成31年(2019年)にも、平成 ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 今年度(平成29年度補正・30年度 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村です。 8/27の日刊工業新聞で、平成31年度 ...

-ブログ

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(兵庫県・神戸市) , 2019 All Rights Reserved.