補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ものづくり補助金 ブログ 融資・補助金

2020年実施ものづくり補助金事務局決定。公募開始は3月中旬~下旬?

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

2月28日、中小機構が令和元年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業」に係る事務局の公募結果を発表しました。大方の予想通り、全国中小企業団体中央会が採択事業者となりました。今後のスケジュールはどうなるでしょうか?

スポンサーリンク

中小機構の公募結果発表

中小機構の公募結果発表のプレスリリースは、下記のページから確認できます。

事務局決定から公募開始まで、過去5年間のデータを見ると、平均約17日

これまで、ものづくり補助金は過去7年にわたって公募が行われています。事務局決定から公募開始までの平均日数は(当社がデータを把握していない平成25年度と26年度を除けば)17日です。

平成24年度は2日というスピード感でしたが、直近3年を見ると結構日数がかかっています。

当社の予想。3月中旬から下旬にかけて公募開始ではないか

上記の通り、近年の傾向としては、事務局決定から公募開始までは短くて18日、長ければまる1ヶ月かかっています。

それに加えて、今年はご存知の通り、コロナウイルスの流行の兆しがあります。先日も当社ブログで紹介しましたが、コロナウイルスの影響でサプライチェーンの毀損等と受ける企業は、ものづくり補助金の加点対象となるような動きも見られます。当初想定していなかった制度の変更を盛り込むために、各調整なども中小企業庁、中小機構、中央会において必要でしょうから、当社は3月中旬から下旬にかけての公募開始と予想します。

といっても、事務局が決定したということであれば、いつ公募が始まってもおかしくありませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

【10/2更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「 ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 流行の兆しがみられる新型コロナウイルスですが、生産性革命推進事業(ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金)において、新型コロナ ...

-ものづくり補助金, ブログ, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.