補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ものづくり補助金 ブログ 融資・補助金

『ものづくり補助金オンラインセミナー&記入例(オンデマンド版)』10次締切公募要領1.0版に準拠するよう改定しました

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

当社が販売している「ものづくり補助金オンラインセミナー&記入例オンデマンド配信」を、10次締切(2/16公開公募要領1.0版)対応にアップデートしました。デジタル枠とグリーン枠の記入例を同梱したのが最大の改正点です。

スポンサーリンク

『2021年実施ものづくり補助金オンラインセミナー&記入例等』コンテンツ

次の7点がセットで22,000円(税込)です。

コンテンツ

  • 2022年度ものづくり補助金一般型対策オンラインセミナー動画
    (2022/2/16公開 10次公募要領1.0版準拠)
  • オンラインセミナー資料
  • 3類型✕2区分の事業計画書記入例
    • 通常枠(ものづくり技術、革新的サービス)
    • デジタル枠(ものづくり技術、革新的サービス)
    • グリーン枠(ものづくり技術、革新的サービス)※様式2の記入例付き
    • ※個別の記入例はありませんが「回復型賃上げ・雇用拡大枠」にも対応しています
  • 採択可能性判定ツール
  • 記入事項チェックリスト
  • その3算出根拠計算シート.xlsx
  • 経営革新計画記入例

アップデート保証について

  • ご購入者は、令和4年度内(2023年3月末まで)の公募締切までの間で公募要領が改定された場合、コンテンツの無償アップデートをご案内いたします。

「ものづくり補助金オンラインセミナー」今回の改正点

今回はメジャーアップデートです。大幅に改正をしました。

今回のアップデート内容

  • 公募要領1.0版(2月16日公開)に対応
  • 公募要領にあわせ、動画全般を再収録
  • デジタル枠、グリーン枠の記入例を収録
  • 収録した記入例は事業計画書(その1・2・3)のみとし、参考様式1の部分は割愛
  • 採択可能性判定ツールを公募要領(2022/2/16)版に対応
  • チェックリストを公募要領(2022/2/16)版に対応

新たな「ものづくり補助金オンラインセミナー」の冒頭10分を体験版として公開中です

「ものづくり補助金オンラインセミナー」のお申し込みは当社オンラインストアから!

下記のページで、より詳細な内容のご確認とお申し込みが可能です。

『2022年度ものづくり補助金オンラインセミナー&記入例等』(オンデマンド版)詳細・お申し込みはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【9/21更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ものづくり補助金, ブログ, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.