https://imamura-net.com

ブログ 融資・補助金

京都市が日本で最も早く先端設備等導入計画の受付を開始するかもしれない

更新日:

5/16追記

京都市会は5/17より本会議が開催されるようです。この中で生産性向上特別措置法に基づく固定資産税ゼロ特例措置についても討議される見込みです。

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

先端設備等導入計画の受付開始がいつになるのか気になるところですが、京都市が日本で最も早く先端設備等導入計画の受付を開始するかもしれません。

スポンサーリンク

京都市では5月に市議会に条例変更を提案

4月25日の京都新聞によると、生産性向上特別措置法をうけた固定資産税ゼロ特例措置の条例を、5月に市議会に提案するそうです。

京都市は25日、市内の中小企業が実施する設備投資で、労働生産性が年平均で3%以上向上する案件を対象に、固定資産税を本年度から最大3年間にわたって全額免除する方針を表明した。通常国会で審議されている生産性向上特別措置法案が成立することを見込み、関連条例を5月市議会に提案する

京都市では定例会は5月に実施

多くの自治体では、定例会は6月に行われるものと聞いていましたが、京都市では5月に行われているようです。確かにホームページで確認すると、平成30年度の最初の定例会は5月であると記載されていますね。

いろいろ調べてみると、京都市だけではなく、大阪市も定例会は5月に開催しているようです。5月に行う自治体もまずまずあるのでしょうか。

6月定例会の自治体よりは、一歩早く先端設備等導入計画の受付が開始される可能性も

定例会が5月に行われるということは、6月定例会の自治体よりは、一歩早く先端設備等導入計画の受付が開始される可能性もありますね。とはいえ、法の施行が6月に入ってからでしょうから、それほど早くはならないかもしれませんが。

しかし、市議会でどのように扱われるのかというのは、京都市の動きを見れば、ほかの自治体の動きも予想ができるかもしれません。京都市の動向には注目ですね。

先端設備等導入計画の制度概要

先端設備等導入計画の制度概要については、下記のページにまとめていますので、ご参考ください。

「先端設備等導入計画」で固定資産税ゼロ+ものづくり補助金補助率アップ

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 生産性向上特別措置法案(生産性革命 ...

続きを見る

行政機関による生産性向上特別措置法の説明会について

各行政機関が主催する生産性向上特別措置法の説明会についてまとめています。ご参考ください。

生産性向上特別措置法(先端設備等導入計画)の説明会情報【随時更新】

6/20追記 「先端設備等導入計画策定の手引き」が中小企業庁ホームページで公開されました。先端設備等 ...

続きを見る

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

先端設備等導入計画作成支援情報はこちらから!
先端設備等導入計画作成代行センター

ものづくり補助金2次公募・セカンドオピニオン(助言・添削)サービスはこちらから!
ものづくり補助金2次公募セカンドオピニオンセンター

当社へのお問い合わせはこちらから!
お問い合わせ

-ブログ, 融資・補助金

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(兵庫県・神戸市) , 2018 All Rights Reserved.