https://imamura-net.com

当ページの内容は、執筆時点に公表されている情報に基づく、当社の予測を含みます。したがって、当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募開始時に公表される公募要領を確認してください。当社は、このページの情報について保証を行いません。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページに記載されている情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

ものづくり補助金申請書を読みやすくするためのWordテクニック(その1)

投稿日:2019年2月14日 更新日:

更新情報(2/18)

平成30年度補正ものづくり補助金1次公募(第1次締切・第2次締切)が始まりました。当社は公募要領を分析中です。当ブログ記事で予測している内容と公募要領とで異なる点が多数あります。決して当社のブログをうのみにせず、公募要領に従ってください。当社のブログの記述にしたがって不採択になったとしても、当社では責任を負いかねます。

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

突然ですが、僕はWordが好きではありません😅すぐにずれるし、なぜか行間が突然あくし、図が行方不明になったりするしで、思うような設定にするのが難しいからですね。しかしものづくり補助金をはじめとした補助金申請書の様式はWord形式で作られていることが多く、これをある程度使いこなさなければなりません。これまで僕が(悪戦苦闘して)見つけた「読みやすくするためのテクニック」を紹介します。

スポンサーリンク

関連記事もご参照ください😉

ものづくり補助金申請書を読みやすくするためのWordテクニック(その1)

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 突然ですが、僕はWordが好きでは ...

続きを見る

ものづくり補助金申請書を読みやすくするためのWordテクニック(その2)

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 これまで僕が(悪戦苦闘して)見つけ ...

続きを見る

ものづくり補助金申請書を読みやすくするためのWordテクニック(その3)

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 これまで僕が(悪戦苦闘して)見つけ ...

続きを見る

ものづくり補助金申請書を読みやすくするためのWordテクニック(その4)

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 これまで僕が(悪戦苦闘して)見つけ ...

続きを見る

反論はあろうが……審査員はお客様と同じ

これは僕が勝手に思っていることですが、審査員はお客様と同じだと思っています。お客様は、こちらから商品やサービスを提供して、対価としてお金をいただく存在です。同様に審査員も、申請書という成果物を提供して、その評価の結果としてお金をいただく存在だからです。(厳密に言うと、審査員がお金を払うわけではなく、お金をいただくための審査をする存在ですけどね)

お客様と審査員を一緒にするな!という声も聞こえてきそうですが、そういう声もわかりますし、僕の考え方には反論もあるかもしれないのもわかります。しかし何かを納めてお金をもらう相手という位置づけは似通っているわけです。お客様をマーケティングするのが商売の基本であるとすれば、審査員をマーケティングするのが補助金申請の基本と考えます。したがって、審査員がどういう人かを知り尽くすことが重要だと思っています。

申請書を読みやすくする基本(方向性?)はズバリ「老眼対策」

今回はWordテクニックの話なのですが、どういう方向性でWord文書を作っていくかというと、補助金申請書に関してはズバリ「老眼対策」と言えます。一般的に補助金の審査員は年配の方が多い傾向にあります。若い人もチラホラいると聞いていますが、おおむね50~60代あたりを頂点とした正規分布になるのではないかと思います。(40代から70代までが±2σ 以下の範囲におさまるのではないかと)

この世代が中心と仮定すると、考えなければならないのが老眼です。老眼は誰もがなります。予防もできません。これを書いている僕(44歳)も既にちょっと老眼気味で、焦点が合わせづらくなっています。こういう世代の人が申請書類の読むというのを前提に、文書を作るのが「お客様満足」(カッコつきです)なんじゃないでしょうかね。

申請書の内容がどんなに素晴らしいものでも、読むのは人間です。老眼でものが見えづらいかったり、目が疲れたりすると、読むことが億劫になりますし、場合によってはイライラすることもあるでしょう。集中力が途切れ、肝心な部分が読み飛ばされる可能性もありますので、老眼であるかもしれない審査員を意識した文書作りは不可欠です。老眼の人が読みやすい体裁にしておけば、老眼でない人も当然に読みやすくなりますので、誰に対してもやさしい体裁になるはずです。

フォントをどうするか?

さて、文書作りの最初としてフォントについて取り上げます。結論を言うと、もともと用意された書式のフォントがMSゴシックなので、それにあわせてMSゴシックを使うのがセオリーです。そもそもゴシック体は遠くからでも読みやすい視認性と判読性に優れたフォントです。くれぐれも奇抜なフォントを使わないようにしましょう。

老眼の事を考えると、僕の場合ですがフォントの大きさは見出しには14pt、本文は12ptで作成しています。もっと大きいほうがいいかな?とも思ったこともありますが、「UDフォントによる組版の設定が文章の可読性に与える影響について」という論文によると、次のような結論が研究結果から出されています。

可読性評価値は全体に11ポイントまでは値が上昇する可能性があるが、それ以上のサイズでは値に大きな変動はなかった

この論文では「11ptでいいよ」ということなのですが、いろいろ調べると、この結論と異なる論文も見つかります(もっと大きいほうが良いという結論)。そのあたりの幅があることを考慮して、当社では12ptでやることにしています。

一方で見出しについては、見出しであることをわかりやすくするため(審査員が審査項目がどこに書かれているかを探さないようにするため)、14ptで太字にしています。

フォントのポイントを大きくするとなぜか行間が空きすぎる現象について

Wordのよくわからないところに、フォントのポイントを大きくすると、なぜか行間が空くことがあります。これは、フォントが大きくなってグリッド線をはみ出すのが原因だそうですが(この時点で僕もあまり理解できない💦)、対策だけを覚えておきましょう。「ホーム」タブの「行と段落の間隔」(赤丸のアイコン)をクリックして、「行間のオプション」をクリックします。

すると「段落」というダイアログが開かれます。その中にある「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外してOKをクリックすれば、行間の空きすぎ問題は治るはずです。

 

こんな感じで次回に続きます!

(次回以降では、行間、色や下線等の装飾、改ページ、写真挿入、表、キャプション等の考え方や作り方について触れます)

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

当社の平成31年ものづくり補助金支援について
平成31年実施ものづくり補助金1次公募第1次締切については、支援受付をすべて終了いたしました。1次公募第2次締切につきましても、お申込み多数のため、受付をいったん停止しております。キャンセル等が出れば当ホームページにて告知を行います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

ものづくり補助金申請書当社オリジナル記入例のダウンロード販売はこちらから!

おすすめ人気記事

1

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 平成31年(2019年)にも、平成 ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 今年度(平成29年度補正・30年度 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村です。 8/27の日刊工業新聞で、平成31年度 ...

-ブログ, 融資・補助金

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(兵庫県・神戸市) , 2019 All Rights Reserved.