補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

【平成29年度補正】IT導入補助金 1社あたり補助額上限50万円に減少か

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

12月13日の日本経済新聞に、平成29年度補正予算で執行予定の「IT導入補助金」についての見通しが述べられていました。

平成29年度補正のIT導入補助金は、1社あたりの補助上限額が減少する可能性があることを示しています。記事の一部を引用しましょう。

IT補助金は、16年度補正予算では100億円を計上、約1万5千社を対象としていた。補助金合計額を増やすが、対象企業も大幅に拡大するため1社あたりの補助額は減らす方向だ。前回は上限100万円で、補助率は投資額の3分の2だったが、今回は上限50万円、投資額の2分の1に抑える。クラウドのシステムなどサービスの導入費用を補助対象とし、パソコンやタブレットの購入費用は対象外とする。

この背景には、施策を活用する中小企業の裾野を広げるという糸があるようです。前回の公募では、約1万5千社が採択されましたが、次回の公募では13万5千社の利用を想定しているとのことです。広く浅く、というスタンスに変わるということでしょうか。

しかし13万5千社も採択するとなると、事務局の負担がかなり大きなものになりそうですね。経営力向上計画の認定でさえ、1年半かかってようやく4万件弱の認定件数だというのに、わずかな公募期間で本当に13万5千件もさばけるのかという疑問が浮かびます。

いい加減なことを言うつもりはありませんが、一つ一つの申請をじっくり審査する余裕はないでしょうから、書類の体裁が整っており、その上で早い段階の公募であれば、ほとんどの企業が採択されるかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

【7/6更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「も ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 流行の兆しがみられる新型コロナウイルスですが、生産性革命推進事業(ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金)において、新型コロナ ...

-ブログ, 融資・補助金

Copyright© 株式会社マネジメントオフィスいまむら(東京・神戸) , 2020 All Rights Reserved.