補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 環境法令

【環境法令解説シリーズ】EUDR(欧州森林破壊防止規則)ざっくり解説(2)

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

環境法令解説シリーズ、今回はEUの新しい規制である欧州森林破壊防止規則(EUDR)についてざっくりと解説をします。EUDRは森林破壊などを防ぐことで、地球温暖化の防止や生物多様性を守っていこうという趣旨の、欧州の「法律」です。今日はこのEUDRの対象者と対象製品について説明します。

スポンサーリンク

動画でも解説しています(無料・登録不要)

これまでの記事

【環境法令解説シリーズ】EUDR(欧州森林破壊防止規則)ざっくり解説(1)

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 環境法令解説シリーズ、今回はEUの新しい規制である欧州森林破壊防止規則(EUDR)についてざっくりと解説をします。EUDRは森林破壊な ...

続きを見る

関連リンク

■■■EUDRに関するEU公式ページ(英語)■■■

■■■EU官報に掲載されたRegulation本文(英語)■■■

※規制対象原材料・製品リスト(Annex1)も上記URLから参照可能

■■■JETRO記事(日本語)■■■

EUDRの対象者は誰か

このEUDRでは、誰が規制の対象になるのでしょうか。あらかじめお断りですが、製品の流通経路は様々なので、すべてを説明するのは難しいんですよ。だからわかりやすい例だけを挙げて説明をします。もしわからないことがあったら、EUのルールに詳しい弁護士さんなどに相談をしてくださいね。

規制の対象となるのは、EU内に拠点を持つ「オペレーター」と「トレーダー」と言われる人や組織です。

オペレーターとは、EU市場で、規制の対象となっている原材料や製品を最初に扱う人や企業のこと、そして輸出業者です。例えば、原材料をEU域外から輸入してEU内で販売するような会社とか、EU域外から規制の対象となっている製品を輸入してEU内で販売するような会社ですね。サプライチェーンの川上の事業者と言ってもよいでしょう。EU域内で取れた規制対象の原材料をつかって何かを加工する企業もオペレーターになります。また、EU域外へ規制対象の製品を輸出する企業もオペレーターです。

一方、トレーダーというのは、基本的にはオペレーターから該当製品を買って、市場に出す人たちで、オペレーター以外のすべての事業者を指します。こちらはサプライチェーンの川下の事業者と言ってもよいでしょう。これらオペレーターやトレーダーが、EUDRの規則を守らなければならない主要な登場人物です。基本的にはオペレーターのほうが、多くの義務を負います。なお、EUに拠点をおいていない日本企業は、EUDRの義務を直接的に負うことはないでしょう。間接的にはありますけどね。

EUDRの対象となる原材料・製品は何か

さて、EUDRの対象となっている原材料や製品にはどういうものがあるのでしょうか。規制の対象となっている原材料や製品は、EU規則の附属書1(Annex1)にすべてリストアップされています。その一部がこれですね。

こうしたものを扱っているオペレーターとトレーダーは、EUDRの規則を守らなければなりません。もちろん、リストに載っていないものを扱っている会社は、EUDRの対象外です。

次回はEUDR対象者の義務についてお話をします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

「事業再構築補助金」は制度開始から3年目を迎えました。多くの中小企業に知られるようになった事業再構築補助金ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。 「事業 ...

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 環境法令

© 2024 Management Office Imamura Ltd.