補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ

ひょうご産業SDGs推進宣言事業 公募開始

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

ひょうご産業活性化センターは、「ひょうご産業SDGs推進宣言事業」の公募を開始しました。登録された企業は、兵庫県信用保証協会の保証料率の割引などのメリットを受けることができます。

スポンサーリンク

「ひょうご産業SDGs推進宣言事業」公式ページはこちら

「ひょうご産業SDGs推進宣言事業」登録企業のメリット

  • 登録証が交付されます
  • ひょうご産業活性化センターのホームページで登録企業を紹介します
  • 専用ロゴマークを使用できます
  • SDGsの推進に関して、専門家派遣による経営支援を受けることができます(1/2負担、最多8回まで)
  • 兵庫県信用保証協会の保証料率の割引があります

「ひょうご産業SDGs推進宣言事業」申請期間

2022年6月15日(水)~7月7日(木)

※令和4年度は今回を含め計3回の募集を行う予定です。

「ひょうご産業SDGs推進宣言事業」応募要件

次の(1)~(3)のすべての条件を満たし、申請日時点で既にSDGsの取り組みを実施し、公表していることが必要です

(1)基本要件
兵庫県内に事業所を有し、原則として保証協会の保証対象業種に属する中小企業や産地組合、もしくは中小企業を構成員とする業界団体
※中小企業の定義は、中小企業基本法に定める中小企業者とします
※産地組合の定義は、県内地場産業における、産地企業により構成される協同組合等の協同組織とします

(2)その他資格
① 県税等に未納がないこと
② 暴力団排除条例(平成22年兵庫県条例第35号)第2条第1号に規定する暴力団、又は第3号に規定する暴力団員に該当しないこと
③法令違反もしくは公序良俗に反する行為がないこと

(3)SDGsの取組み
①目指すゴールを1つ設定すること
②目指すゴールと自社の活動との関係を明らかにすること
③ゴールの達成に向けた具体的な取組みを設定すること
④上記①~③の取り組みをホームページ等により公表していること

ここでいう「ゴール」とは、SDGsの17のゴールのことを指します。17のゴールについては外務省の下記のリンクをご覧ください。

ゴールの設定と具体的な取り組み例

ゴールの設定と具体的な取り組み例については、ひょうご産業活性化センターが具体例を公開しています。下記のリンクからご参照ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【4/5更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【2022/4/2更新】2022年(令和4年)2月16日から、令和元年度・3年度補正予算として「ものづくり補助金」公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできる ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ

© 2020 Management Office Imamura Ltd.