補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 士業DX

ブログに書くネタが困ったときのテクニック(時事ネタ探し)

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

当社のブログは、本日この投稿をもって977日連続更新中です。「毎日書いていてよくネタがあるね」と言われるので、困ったときのネタ探しテクニックを披露したいと思います😊

スポンサーリンク

Googleの期間指定検索を使って時事ネタを探す

一番よくやるのが、Googleの期間指定検索を使って時事ネタを探す方法です。例えば当社は「ものづくり補助金」の情報提供をブログの主なテーマにしていますが、そのキーワードで期間指定検索をします。

やり方を図示すると下記のとおりです。

こうすると、狙いのキーワードに関する最新投稿が表示されるんですよ。この最新投稿をネタにして記事を書く、という感じでしょうかね。

ソースとするのはニュースがよい

ところで、検索をする際は「すべて」のカテゴリーではなく「ニュース」のカテゴリーで僕はしています。カテゴリーの選択は下記の赤丸の部分をクリックすることでできます。

こうすることで、個人や企業ブログや、ツイッターの投稿などを除外することができます。いや別に個人や企業のブログが悪いと言っているわけではないんですよ。ただ、何かの記事を書く際のソースとするときは、ある程度信憑性のあるマスメディアを踏まえたほうが、信頼性の高い記事が書けます。また、マスメディアのリンクを貼ることで、若干でもSEO対策になるかもしれないという下心もあります。

要約した上で自分の見解を多少述べること

ネタはこれで探せるとして、これをネタにどう記事を書けばいいでしょうか?記事の半分は、元ネタとなったマスメディアの記事の要約などに充てるのがよいと思います。コピペしなさいと言っているわけではないですよ。要約も立派な付加価値ですからね。忙しい読者にとっては「長い記事を読むヒマがないので、要点を教えてほしい」というニーズがありますからね。

ただし記事の要約だけでは片手落ちです。やはりそれに、要約に、自分が独自で持っている情報や見解などを加えなければ「この人のページを読んでよかった」と読者には思ってもらえないでしょうからね。

分量としては、記事の要約と自分の見解や独自情報の割合を、1:1くらいにはしたいところです。これだけの見解や独自情報をかけるとなると、この「時事ネタの期間検索テク」は、自分の得意分野に限定されることになります。だから結局は、自分が独自情報を持っていて、見解を「語れる」テーマはなにか?というのをあらかじめ突き詰める必要があるんでしょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

【7/6更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「も ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 流行の兆しがみられる新型コロナウイルスですが、生産性革命推進事業(ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金)において、新型コロナ ...

-ブログ, 士業DX

Copyright© 株式会社マネジメントオフィスいまむら(東京・神戸) , 2020 All Rights Reserved.