補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ

娘氏と一緒にメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンに寄付をしました

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

娘氏と一緒にメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンに寄付をしました。3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立された団体です。

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは、3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立された団体です。世界的な団体でして、本部であり発祥の地はアメリカですが、今ではアメリカを除く世界42か国に支部を置いて活動しています。

どのような「夢をかなえる」ことをしているのかという一例を、ウィキペディアを引用して紹介しますね。

「メイク・ア・ウィッシュ」は、「願い事をする」という意味で、この団体は、有名な歌手に会いたいとか、メジャーリーグの試合を見たい、スター俳優に会いたい、ディズニーワールドに行きたいといった願いを数多くの子どもたちにかなえてきた。現在までに15万人以上のこどもの夢に関わってきたと言われる。

他に実現の手伝いをしてきた夢は、海にいる本物のイルカと一緒に泳いで遊びたい、自分の絵本を出版したい、江ノ電の運転手になりたい、白砂の上で遠山の金さんにお裁きを受けたい、ガン細胞をやっつけることをテーマにしたテレビゲームを制作したい、本物のF1に乗りたい、本物のジャンボ機(ボーイング747)のコックピットに乗りたい、などがある。

X JAPANのHIDEのファンである難病の少女、貴志真由子が実際にHIDEと会い、手紙のやり取りをしたり、HIDEが見舞いに訪れるという交流を持つようになって励まされた、という話も、メイク・ア・ウィッシュを通じて実現したものである。

娘氏は、自分と同世代の難病の子どもたちのことを知り、力になりたいという気持ちが湧いたようでした😊

これまでの当社の寄付活動については、下記のリンクをご覧ください。

社会貢献活動

当社では社会貢献活動の一環として、売上の1%を目安として各種団体に寄付をしています。 これまでの累計寄付額 1,043,000円(2024年5月26日現在) 寄付日寄付先寄付額 2018/6/11児童 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

「事業再構築補助金」は制度開始から3年目を迎えました。多くの中小企業に知られるようになった事業再構築補助金ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。 「事業 ...

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ

© 2024 Management Office Imamura Ltd.