補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

【速報】2023年度補正予算成立 中小企業省力化等大規模成長投資補助金の事務局も公募開始

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

11月29日、2023年度補正予算の採決が参議院本会議で行われ、与党と一部の野党のの賛成多数で可決・成立しました。これをうけ、さっそく「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」の事務局公募が始まりました。

スポンサーリンク

NHK報道『今年度補正予算成立 経済対策の裏付け 物価高対応など盛り込む』

2023年度補正予算約13兆円の成立

この予算には、物価高対策として、低所得者世帯に対する7万円給付、ガソリン代や電気代・ガス代の軽減措置の延長、賃上げ促進や国内投資の促進に関する費用が含まれています。物価高対策には合計2兆7363億円が割り当てられ、持続的な賃上げ実現には1兆3303億円、国内投資促進には3兆4375億円、人口減少対策などに1兆3403億円、国土強じん化などに4兆2827億円を計上しています。

国内投資の促進に向けて3兆4375億円のうち、先端半導体の量産支援の基金の積み増しに6322億円を投じることとなっており、経済産業の側面でいうと、半導体関連の予算がかなり多くの割合を占めています。

「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」の事務局公募も開始

補正予算の成立をうけ、11月29日より最大50億円の補助金「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」の事務局公募も始まりました。

※あくまでも事務局公募なので、事業者の公募はもっと後です。事務局公募の締切が令和5年12月20日ですので、事務局が決まるのも年明けでしょう。そこからいろいろな準備(事務局の体制構築や一般の事業者向けのホームページ等の作成)を進めるでしょうから、事業者向けの公募開始は、2~3月頃ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

「事業再構築補助金」は制度開始から3年目を迎えました。多くの中小企業に知られるようになった事業再構築補助金ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。 「事業 ...

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 融資・補助金

© 2023 Management Office Imamura Ltd.