補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

【速報】事業復活支援金申請開始 年末スタートは厳しく 来年初になるのではないか=衆議院議員言及

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

衆議院議員の白石よういち氏は、事業復活支援金の申請開始が来年初めになると言及しました。野党の一議員による情報なので、どこまで確かな情報なのかはわかりませんが、内容を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事業復活支援金申請開始時期に関する白石よういち衆議院議員の情報

12月10日、衆議院議員の白石よういち氏(愛媛県第3区・立憲民主党)のホームページにおいて、次の投稿がありました。(太赤字強調筆者)

「月次支援金」は10月分までで終わり。11月からは、「事業復活支援金」に衣替えになります。

最終決定は、今国会で予算が可決してになりますが、概要以下の通りです。

そして、申請開始は年末スタートは厳しく、来年初になるのではないか、です。

衆議院議員の白石よういち氏(愛媛県第3区・立憲民主党)ホームページ 12月10日付け「活動報告」より)

事業復活支援金の裏付けとなる補正予算は12月21日までに成立の見通し

衆議院議員の白石よういち氏が「最終決定は、今国会で予算が可決してになりますが」と述べているように、事業復活支援金は現在国会で審議されている令和3年度補正予算が成立してからの申請・受付開始になります。

補正予算が成立するまでの流れは下記の図のとおりですが、12月14日現在では衆議院の予算委員会での審議が行われています。ここからは衆議院本会議で採決が行われ、その後に参議院で審議されるという流れです。

12月13日のNHK報道によると、12月15日に衆議院本会議で採決が行われ、その後に参議院に送られるという見通しになっているとのことです。さらにNHKは、「来週21日の会期末までに補正予算案を成立させたい」という与党側の意図と、それを野党側が受け入れたことについても報じています。

理事会で、与党側は来週21日の会期末までに補正予算案を成立させたいとして、15日に委員会を開き、締めくくりの質疑を行ったうえで採決したいと提案し、野党側がこれを受け入れる考えを伝えました。

12月13日 NHK報道『補正予算案 あさって衆議院通過へ 与野党が審議日程合意』より)

事業復活支援金の申請開始時期も1月以降が妥当か

12月21日までに補正予算が成立したとしても、年内に申請開始をするのは残り10日しかありません。残り10日で申請受付が開始されるでしょうか。

前述の白石よういち氏のホームページでは「月次支援金」は10月分までで終わり。11月からは、「事業復活支援金」に衣替えになります』とも述べられています。白石よういち氏が述べるように、事業復活支援金は月次支援金の後継施策という位置づけなのであれば、月次支援金10月分の申請期限である1月7日以降に、事業復活支援金の申請開始となる可能性があります。

こうした事情を考慮すると、白石よういち氏が述べるように、来年初から申請受付が開始されるというスケジュールに妥当性があるように思われます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【4/5更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【2022/4/2更新】2022年(令和4年)2月16日から、令和元年度・3年度補正予算として「ものづくり補助金」公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできる ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.