補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ISO9001 ブログ

マネジメントレビューでは「リスク」を扱えばうまくいく

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

ISO9001:2015各箇条解説シリーズ、今回でマネジメントレビューの解説は最終回です。マネジメントレビューは形骸化しやすいのですが、どうすれば活性化するでしょうか。ぼくが個人的に勝手におすすめしたい考え方としては「リスク」を軸にやる、という方法です。

スポンサーリンク

「外部及び内部の課題の変化」からリスクを見出してトップにインプットする

例えばマネジメントレビューのインプット項目のひとつに「外部及び内部の課題の変化」というのがあります。こういうのは「一体何をインプットすればいいの?」と悩ましいものですよね。例えばですが、最近よくニュースになっている品質不正なども、こうした「外部の課題」といえます。品質不正が最近世の中でクローズアップされている、ということは「外部の課題の変化」と言えるでしょう。

品質不正は他人事ではありません。もちろん企業によって、リスクの大きさは異なるでしょうが、どんな会社でも起こりうるリスクでもあります。ですので、このように「他社で起きた事故や不正などは当社でも起こるかもしれない」というリスクと絡めて、マネジメントレビューのインプットにします。
こうしたインプットを受けて、トップは、新しい検査ルールを導入することを決めたり、新しい監視・測定項目を導入することを決めました。自社で品質不正が起きないよう、制度の改善や、品質マネジメントシステムの変更を行うわけですね。こういう判断をトップができれば、自社で品質不正が起きるリスクは減っていくはずです。

翌年はこのリスクについて「リスクの取組の有効性」「監視測定結果」を軸にトップにインプットする

このようにマネジメントレビューでは、不正が起きるというリスクへの取組として、プロセスの改善と、品質マネジメントシステムの変更を行いました。その次の年のマネジメントレビューでは、前回取り組んだリスクへの取組が効果的なのかどうかという報告をします。これがインプット項目である「リスク及び機会への取組みの有効性」や「監視測定の結果」になるわけですね。

その報告をうけたトップが、さらにリスクへの取組を有効にするために、新たな取組をアウトプットする、というような流れを作ることができると良いでしょう。

リスクを軸に話し合うと有効性の高いマネジメントレビューになる

このように、リスクを軸にマネジメントレビューを行うと、結構いろいろ話し合うネタが出てくると思います。他に考えられる事例としては、マネジメントレビューのインプット項目には「顧客満足及び密接に関連する利害関係者からのフィードバック」というのがありますが、顧客満足度調査からリスクの種を見つけてトップに報告をして、そのリスクを未然に防ぐ策をアウトプットする、ということもできそうですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【4/5更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【2022/4/2更新】2022年(令和4年)2月16日から、令和元年度・3年度補正予算として「ものづくり補助金」公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできる ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ISO9001, ブログ

© 2020 Management Office Imamura Ltd.