補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ISO9001 ブログ

ISO9001:2015 9.3 マネジメントレビューを柔軟にやるポイント

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村です。

ISO9001:2015各箇条解説シリーズ、今回はマネジメントレビューを柔軟にやる方法をお話をします。

スポンサーリンク

マネジメントレビューを柔軟にやるポイント

冒頭でお話したように、マネジメントレビューは形骸化しやすく、外部審査があるから仕方なくマネジメントレビューをやっている、というケースもまずまずあると思います。ISOの事務局はともかく、なんのためにマネジメントレビューをやっているかよくわからないという従業員の人も多いんじゃないでしょうかね。このようなことがなくなるよう、マネジメントレビューを柔軟に実施するためのポイントをちょっと話します。

別々の会議で実施してもよい

まず、マネジメントレビューという一つの会議でやるのではなく、複数の会議にわけて実施してもOKです。実際のところ、定期的な会議や日々の報告などで、トップをまじえてお客さんからのクレームについて話し合ったり、社内で起きた不良について話しあうことは、普通にやっていると思います。そうした場がマネジメントレビューの一部であっても問題ありません。年度末や年度始めには、経営全体を総括するような役員会議を開くでしょうけど、マネジメントレビューはそうした会議の一部であってもOKです。

そもそも会議でなくてもよい

そもそも「会議体でやらなければならない」ということは、規格のどこにも書いていません。管理責任者やその他の要員が作成した報告書をトップがレビューするだけでもよいです。そういう会社も実際にあります。

インプットやアウトプット、そして結果の証拠には、文書の書式の指定はない

マネジメントレビューの証拠についても、別に文書の書式の指定はありません。前回は議事録のサンプルを見せましたが、ああいうものでなくてもOKです。メールにかかれていることでもいいですし、図や表として、なにかのプレゼン資料にまとめたものでも全く問題はありません。

年1回限りでなくてもよい

さらには年1回でなくてもOKです。規格には「あらかじめ定めた間隔で」と書いていますので、毎日でもいいですし、週間や月間でもOKです。「あらかじめ定めた間隔で」やっていれば、なにか大きな問題や変更が起きたときに臨時的にマネジメントレビューをやってもOKです。中小企業だと、こういう場を別に設けなくても、なにかあったときに臨時的に社長と現場が話し合って対策を講じるというのは、ふつうにやっていることだと思います。これもある意味では、マネジメントレビューと言えるでしょう。

ただし、品質目標や品質方針を変えようという判断を毎日とか毎週とかやるはずもないので、マネジメントレビューのインプットとアウトプットの各項目についてをすべてまんべんなく毎回話し合う必要もないでしょう。これは年1回話し合うのがいいよねとか、これは毎月話し合うのがいいよねなどと、議題の重み付けをするのも効果的だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【9/21更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【2022/9/20更新】2022年(令和4年)2月16日から、令和元年度・3年度補正予算として「ものづくり補助金」公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みでき ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ISO9001, ブログ

© 2020 Management Office Imamura Ltd.