補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ISO14001 ブログ

ISO14001:2015 5.3 役割・責任・権限があいまいだと人は動かない(1)

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

ISO14001:2015各箇条解説シリーズ、今回は箇条5.3「組織の役割、責任及び権限」について解説をします。役割に対する責任、権限は、トップがはっきりさせましょうと言っているのですが、具体的にはどんな要求事項なのでしょうか。

スポンサーリンク

箇条5.3「組織の役割、責任及び権限」

箇条5.3「組織の役割、責任及び権限」の位置づけについて確認しましょう。

これまでみてきた箇条4では、組織をとりまく課題や利害関係者のニーズ・期待などを考慮して、環境管理の仕組みをつくる手筈を整えました。環境管理の仕組みを作ったら運用をしていくわけですけれども、経営者の「やるぞ!」という決意や、経営者自身による率先がなければ、どんな良い仕組みであったとしても、うまく運用することはできません。トップがやる気にならないものは、部下もやる気にはなりませんからね。

そこで、箇条5では、従業員の考え方や行動がブレないように、トップマネジメントは方針を作りなさい、と定めています。そして今日のテーマでもある箇条5.3では、役割に対して、責任と権限を割り当てて、組織内に伝達しなさいといっています。

「役割」と「責任」「権限」とはなにか。

そもそも「役割」と「責任」「権限」ってなんなんでしょうか。これはISOとしての定義がありません。

規格はもともと英語が原文なので、英単語におけるRole(役割), Responsibilities(責任), Authorities(権限)の辞書的な意味を見てみましょう。私なりに簡単に訳すと、役割とは「組織の中で期待されている機能、立場のこと」、責任とは「やるべきこと」、権限とは「他人に指示をしたり、何かを実行したりする権利のこと」といえましょう。

つまり、「役割」と「責任」「権限」を割り当てるということは、「この仕事や作業については、誰が、どんなことをやることになっていて、その仕事や作業をやりとげるために何をやってもよいのか」をはっきりさせるということですね。トップ一人では全ての仕事をやり遂げることはできません。かと言って、「あなたはこれをやってください」とか「あなたはこれの担当ですよ」ということをちゃんと言ってあげないと、人は動かないんですよね。だから役割に対する責任、権限は、トップがはっきりさせましょう、ということです。

例を使って言うと、「5Sをする」というのが従業員に課せられた責任であれば、「要らないものを捨てる判断をしてよい」とか「定位置を見直してもよい」というのが権限にあたります。

何が責任で、何が権限なのかは、一覧表のようなものを作るとわかりやすくて、現場のメンバーにも伝わりやすいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【9/21更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ISO14001, ブログ

© 2020 Management Office Imamura Ltd.