補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ISO14001 ブログ

ISO14001:2015 7.4 環境でのコミュニケーションは範囲が広い(1)

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

ISO14001:2015 各箇条解説シリーズ、今回は7.4「コミュニケーション」。環境マネジメントシステムにおけるコミュニケーションとは具体的にはどんなものなの?というところも含めて解説します。

スポンサーリンク

動画でも解説しています(無料・登録不要)

箇条7.4「コミュニケーション」 の位置づけ

それでは今日のテーマである箇条7.4「コミュニケーション」 の位置づけについて確認しましょう。

まずISO14001の出発点でもある箇条4では、組織をとりまく課題や利害関係者のニーズ・期待などを考慮して、環境管理の仕組みをつくる手筈を整えました。

環境管理の仕組みを作ったら運用をしていくわけですけれども、経営者の「やるぞ!」という決意や、経営者自身による率先がなければ、どんな良い仕組みであったとしても、うまく運用することはできません。トップがやる気にならないものは、部下もやる気にはなりませんからね。そこで、箇条5では、トップマネジメントが果たすべき役割について定めましたね。

つづいて箇条6では、皆さんがたの仕事のなかで、環境に影響を与える要因や、リスクと機会、そして環境に関する法令などを明らかにして、その上で環境に関する計画や目標を定めてきました。

箇条7では、その計画・目標などに取り組むために必要な人材、道具、設備、インフラなどを準備します。

そして今日説明をする箇条7.4では、環境マネジメントシステムを運用していくにあたって、誰に対してどんなコミュニケーションをするかを明らかにして、実行しなさいと言っています。

環境マネジメントシステムにおけるコミュニケーションとは

この箇条7.4は、環境マネジメントシステムを運用していくにあたって、誰に対してどんなコミュニケーションをするかを明らかにして、実行しなさいと言っています。それほど理解しずらい箇条ではないですが、環境マネジメントシステムにおけるコミュニケーションというのは、結構範囲が広いので、それらを網羅することにちょっと頭をひねらないといけないかもしれません。

ここでいうコミュニケーションとは、具体的には誰とのどのようなコミュニケーションなのでしょうか。それは、ここにあげているような人たちや団体とのコミュニケーションのことですね。

環境管理においては、様々な環境法令を守らないといけませんので、法令についての情報を得ることもコミュニケーションの一部です。また、行政機関への報告や届出、登録なども必要な場合がありますよね。

騒音や振動の懸念がある場合は近隣の人たちとのコミュニケーションも必要でしょうし、自社がESG投資による資金調達を行っているならば、投資家向けにサステナビリティレポート等を発行することもコミュニケーションです。

もちろん社内のコミュニケーションもあります。例えば有機則では、社内の有害化学物質を扱う従業員に対して作業上の注意事項を掲示する義務がありますが、これも従業員へのコミュニケーションの一環です。もちろん「なぜわが社では環境管理をするのか、どういう環境管理をしていくのか」という環境方針の伝達もコミュニケーションですね。

こうした幅広いコミュニケーションがありうるので、それについてしっかり管理をしましょうというのが、箇条7.4の狙いですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【9/21更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ISO14001, ブログ

© 2020 Management Office Imamura Ltd.