補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

経営力向上計画の認定にかかる日数。85%が2週間以内に認定

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

ものづくり補助金の加点項目を満たすために、このたび経営力向上計画の認定をとろうとしている企業も多いのではないでしょうか?

どの程度の日数で、経営力向上計画は認定されるのでしょうか?近畿経済産業局のデータをもとに分析してみました。

スポンサーリンク

57%が7日以内、85%が14日以内という結果に

近畿経済産業局では、認定に要した日数のデータを公表しています。下記のリンクにpdfファイルがありますが、そこでデータを見ることができます。

ここでもデータを引用しますね。57%が7日以内、85%が14日以内という結果になっています。

所要日数 件数 構成比
7日以内 2,262 57%
14日以内 1,114 28%
21日以内 302 8%
28日以内 124 3%
35日以内 53 1%
42日以内 35 1%
49日以内 24 1%
50日以上 41 1%
合計 3,955

ただし近畿経済産業局は短めであることに注意

どうですか?2週間以内に認定を受けている企業が85%ということですね。ものづくり補助金の加点を受ける場合は、交付決定までに経営力向上計画の認定を受けなければなりません。交付決定がおそらく6月中ですから、どんなに長くても40日~50日程度で認定がなければまずいわけですが、このデータを見ると99%の企業が49日以内に認定を受けていますから、まずまず安心はできそうです。

ただし、ほかの地域の経済産業局や、ほかの省庁の地方局(例えば近畿農政局など)と比べて、近畿経済産業局での認定に要する日数は短めであることに留意が必要です。なぜかというと、近畿経済産業局は、ほかの窓口と異なり、独自のExcelフォーマットでの申請受付を行っているためです。このフォーマットで申請をすると、最短で5営業日で認定がおります。そのほかの窓口は、郵送でのやりとりが必要になることもあり、認定はこれほどスムーズにはでません。

(このやり方は、関東経済産業局や中部経済産業局でも採用されています)

提出前のダブルチェックや修正依頼への対応はすばやく!

1日でも早く認定を受けるにはどうすればいいでしょうか。原則、記入漏れや記入間違いがないように、提出前にダブルチェックを欠かさないことです。

もうダブルチェックをせずに出してしまったという場合は、万が一修正依頼があった時は、速やかに修正をし、再提出をしてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

【10/2更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「 ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 流行の兆しがみられる新型コロナウイルスですが、生産性革命推進事業(ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金)において、新型コロナ ...

-ブログ, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.