補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ

無能感を漂わす人に厳しくしてしまう僕

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

僕は仕事柄、同業者とチームを組んで仕事をすることがたまにあります。不寛容で怒りっぽい欠点だらけの僕は、同業者にも怒りをむき出しにすることがあって、結構恐れられているのでありました?

スポンサーリンク

それ、本質ちゃうやろ!

同業者とチームを組んでする仕事の中には、チームとしてのお客さんに報告書を提出することもあります。僕が報告書を書いて、同業者の人にその内容を見てもらってから、お客さんに提出するというパターンが多いのですが、ある時こういうことがありました。

あの~今村さん。今村さんが書いてくださったこの報告書なんですけどね
どうかしました?
ここ、誤字がありますよ
ああ……すみません?
それとここですけど、改行したほうがいいんじゃないでしょうかね
なるほど……
あと、このグラフの凡例の位置は、ここじゃなくてここのほうが見やすいんじゃないでしょうか
(心の中で)ちょっ!それ、本質ちゃうやろ!!

僕としてはですね、そういうことじゃなくて、報告書にかかれている分析内容が妥当かどうかや、お客さんの課題に対応した解決策になっているかどうかの意見がほしいんですよ。。(そういう風に説明したはずなんですけどね……?)

わ、わかりました。直しておきます。ところで、分析内容なんかはどうでしょう……(おそるおそる)
んー、比較的よくまとまっていると思いますよ?
(心の中で)比較的ってどういう意味やねん!(# ゚Д゚)

という具合に、同業者にイライラすることがあるのです?。僕はすぐ顔に出ちゃうので「今村さんは厳しい」と恐れられていたりします。いやあしかし、自分で書いていて思いますが、今村さんって厄介な人ですよね……。

同業者にだけ発動するイライラ

不思議なことに、この手のイライラは、同業者にだけ発動するんですよね。お客さんとの直接のやりとりでは、お客さんの指摘が本質的なものじゃなくても、特に何も感じないのですが、同業者だったら、上記の例のように反応してしまうんですよ。

これは心理学でいうところの「投影」という現象だと思っています。wikipediaの「投影」をちょっと引用してみましょう。

自己のとある衝動や資質を認めたくないとき(否認)、自分自身を守るために、他の人間にその悪い面を押し付けてしまう(帰属させる)ような心の働きを言う

僕は、僕の職業的な立場として、自分が無能であることを恐れています。つまり、仕事においては無能であってはならないし、無能であることには価値がなく、価値がなければお客さんから必要とされないと私は信じきっているわけです。だから、僕が認めたくない(否認したい)「無能感」を、同じ立場である同業者の中に見出すと、

(心の中で)僕は努力して『無能』であることから抜け出そうとしているのに、なんで同じ立場にもかかわらず、同業者のあなたは平気でそんな『無能』な言動をするのか?

という気持ちになっているのでしょう。自分の中にも確実にある「無能」という悪い面を目の前の他人に押し付け、自分は「無能ではない」と自分を守ろうとしているわけですね。

一方でお客さんと僕は、立場が違います。僕はサービスの提供者であるし、お客さんはサービスの受益者ですからね。立場が違うと、こういう気持ちは発動しないのです。

よく言えば仕事に一生懸命だと言えるかもしれませんが、当の本人である僕はこれを「ちょっと病的だなあ」と思っています。

これも結局は自分の問題なのだ

しかしこれも結局は自分の問題なんですよ。自分が恐れている無能感を、勝手に誰かに見出して、厳しくしているのは僕自身なわけですから。

コンサルタントとして、表面的な技法や知識で武装してはいるけれども、その内面は、誰かに無能の烙印を押されないようにビクビクしているわけです。誰かに高く評価をしてもらいたいと思いながら、低い評価を恐れているとも言えるでしょう。

僕自身が「無能だって思われたっていいじゃん」と割り切るようにならなければ、この傲慢な性格は変わらないのだと思います。今はその途上ではありますが、長年染みついた思考の癖を割り切るのは容易ではなく、地道に自分と向かい合っていくしかないですね……?

(しかしブログにこんなことを書いたら、一緒に仕事してくれる人がどんどん減っていくだろうな……?)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

【9/7更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「も ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 流行の兆しがみられる新型コロナウイルスですが、生産性革命推進事業(ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金)において、新型コロナ ...

-ブログ

© 2020 株式会社マネジメントオフィスいまむら(東京・神戸)