補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ものづくり補助金 ブログ 融資・補助金

ものづくり補助金4次締切の採択発表日は2月中旬の予定

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

ものづくり・商業・サービス補助金事務局は、ものづくり補助金4次締切の採択発表日が2月中旬の予定であることをアナウンスしました。公表した文書の内容や採択発表日に関する傾向について解説します。

スポンサーリンク

「事業計画への事前着手申請対応要領」の中で採択発表予定日に言及

4次締切の応募者に対して、「事前着手申請対応要領」というものが最近郵送されているようです。この文書は、交付決定前に事前着手をしたい企業に対する案内で、事前着手をするための承認を得る手続きについて解説されたものです。(事前着手が特に不要という企業には、関係のない書類です)

「事前着手申請対応要領」は、ものづくり補助金ポータルサイトにも掲載されています。

この文書の中で、採択発表予定日が下記のように記述されています。

最近の傾向だと採択発表日は火曜日・金曜日に集中

ところで、ものづくり補助金の採択発表日は「金曜日が多い」というのが、この業界でまことしやかに囁かれている噂ですが、実は最近の傾向だと火曜日にはぴょうされることも多めです。

下記の表は、過去8年分のものづくり補助金採択発表日をまとめたものです。直近2年分である平成30年度補正(2019年実施)と令和元年・2年度実施(2020年実施)の採択発表日を見ると、火曜日と金曜日が同数ですね。この2年間のうち、それ以外の曜日はありません。

審査期間日数は長くなる傾向に

ところで、最近の傾向としては、審査期間日数が長くなる傾向が見て取れます。下記の表は過去8年間における、公募終了日から採択発表日までの期間(この表では「審査期間日数」と表現)を示した表ですが、昨年(令和2年)に行われた3回の公募では、過去8年間の平均値(47日)前後に収まってはいますが、審査期間日数が徐々に長くなっていることがわかります。

昨年から電子申請化され、審査等に関する事務処理も効率化されていることが想定できるのですが、それでも過去8年間の平均値(47日)からあまり変化がありません。コロナ禍が理由なのか、それ以外にも理由があるのかはわかりません。ただしこれらの傾向を見ていると、4次締切の採択発表も2月中旬の遅めに行われるのではないかという気がします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【5/24更新】令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」の2次公募が開始になりました。事業再構築補助金とは、予算総額1兆円超、1社あたり補助金交付額100万円~1億円、補助率2/3という大型補助金です。このページでは「事業再構築補助金」の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【3/3更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「も ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ものづくり補助金, ブログ, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.