補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 事業再構築補助金 融資・補助金

【無料チェックリストつき】事業再構築補助金申請の最低条件!事業再構築指針全要件超解説

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

事業再構築指針全要件を動画で解説します。また、自社が指針の要件を満たしているかどうかを確認しやすいよう、チェックリストを作成しました。この記事をご覧に皆様に無料で配布をします。(メールアドレス等の登録も不要です)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事業再構築指針全要件解説動画はこちらです(無料・登録不要)

動画では、事業再構築補助金通常枠・特別枠に適用される5つの類型に求められる全ての要件について解説をしています。

上記3つの類型は、まず、既存事業と事業再構築後の事業とで、主たる業種・事業がどう変化するかに応じて別れています。新分野展開は、主たる業種・事業が現在と変わらないというのが前提です。一方、事業転換は、主たる事業が変わる取組で、業種転換は主たる業種が変わる場合の類型です。

新分野展開、事業転換、業種転換に関しては、共通する必須要件が2点あります。ひとつは、新製品・新サービスを投入する必要があるという点、そして新市場に進出する必要があるという点の2点です。もう少し具体的に言うと、新製品・新サービスは、これまで一度も製造や提供をしたことのない、自社にとって完全に新しい製品・サービスでなければなりません。これについては更に細かい要件が7つあります。その7つ全てを満たさなければなりません。また、新市場に関しては、既存事業と需要の食い合いにならないような市場の選択(専門的な言葉でいうと、カニバリズムを避けるような市場の選択)が必要だということです。

新製品を投入せずに済むのは、4番目の類型「業態転換」に限ります。ただし新製品を投入しなくてよいのは、非製造業がサービス提供方法を変更する場合のみです。業態転換の場合でも、製造業は、新製品の製造が必須です。つまり製造業は、何があろうと、新製品を製造・提供する取組でなければならない、ということと解釈できます。一方、非製造業がサービス提供方法を変更する際は、新サービスの提供はしなくてもよいです。しかしその代わり、設備撤去・店舗縮小が伴う取組であること、またはデジタル技術で非対面化、無人化等が実現できるような取組でなければ要件を満たしません。

売上に関する要件もあります。補助事業終了後(つまり3~5年後ですが)、新製品の売上高が、その企業の総売上高の10%以上を占めるような計画であったり、新製品の属する事業・業種がその企業において売上構成比で最大になるような計画でなければなりません。もちろん、単に鉛筆をなめてそういう数字を作るのではダメで、ちゃんとその数字に根拠があり、審査員が「なるほど、たしかにこれだけの売上に成長しそうだな」と納得できるようなものでなければ、審査で評価されないでしょう。

最後に、一番下の類型の事業再編です。これは会社法上の組織再編行為(合併、会社分割、株式交換、株式移転、事業譲渡などですが)これらを行い、新たな事業形態のもとに、新分野展開、事業転換、業種転換又は業態転換のいずれかを行う場合に適用される類型です。どの要件を満たさなければならないかは、新たな事業形態における類型(新分野展開、事業転換、業種転換または業態転換)に従ってください。

これら5つの類型に関する詳細な解説は、下記の動画をご覧ください。

「事業再構築指針」と「事業再構築指針の手引き」はこちらから

事業再構築指針

事業再構築指針の手引き

事業再構築指針チェックリストについて

「事業再構築指針」や「事業再構築指針の手引き」に申請をする上での要件やその解釈についてが全て記載をされています。しかし必要な情報がいろんなページに散逸していて読みづらいので、要件ごとにまとめて、チェックリスト形式にしました。

一例(新分野展開)を下記にお見せします。これを全類型(5つ。新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、事業再編)について、それぞれチェックリストを用意しています。自社で検討中の事業が、申請要件に合致しているかどうかを確認する際にお使いください。動画とあわせてお使いいただければ、理解が深まる内容になっています。

注意ポイント

  • このファイルの著作権は株式会社マネジメントオフィスいまむらが有します
  • 「事業再構築指針」や「事業再構築指針の手引き」が変更された場合でも、このファイルのアップデートは保証しません
  • 無断配布、転載は一切禁止します。知り合い等と共有したい場合は、当サイトのリンクをお知らせください
  • このファイルを使った結果(補助金の採否等)に関しては、当社は一切の責任を負いません
  • このファイルおよび内容に関する質問や要望、苦情は一切受け付けません

事業再構築指針チェックリストのダウンロードはこちら(無料・登録不要)

下記からダウンロードができます。

注意ポイント

このチェックリストは、改定された指針(3月29日改定)には対応しておりませんので、ご利用時にはご注意ください。なお、アップデートする予定はありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【5/24更新】令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」の2次公募が開始になりました。事業再構築補助金とは、予算総額1兆円超、1社あたり補助金交付額100万円~1億円、補助率2/3という大型補助金です。このページでは「事業再構築補助金」の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【3/3更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「も ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 事業再構築補助金, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.