補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

Jグランツ障害により添付ファイルがシステムに取り込めなかった事象が1,998件発生=経産省発表

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

5月17日、経済産業省は、補助金申請システム(Jグランツ)で、申請の際に一部の添付ファイルがシステムに取り込めていない事象が、今年だけで1,998件あったことを発表しました。アクセスの集中によるシステム障害等が原因のようです。

スポンサーリンク

経産省の発表についてはこちらから確認できます

エラーの原因について

経産省の発表によると、エラーの原因は下記の2つとのことです。

本事象は、

アクセスの集中によるシステム障害、若しくは

推奨されていないブラウザであるインターネット・エクスプローラーからの申請による障害

が原因と考えられます。 

インターネット・エクスプローラーが推奨ブラウザではないのは仕方がないとは思いますが、IEだから添付ファイルが取り込めないというのはどういうメカニズムなのかは技術者ではない僕にはよくわかりません。

なお、今回発表された原因はJグランツ側の障害です。しかしJグランツ側の障害だけではなく、事業再構築補助金1次公募の当初締切日(4/30)にアクセス過多と思われる理由でGビズID側に障害が発生したことも記憶に新しいです。

添付ファイルがシステムに取り込めていない事象が発生している補助金及び件数

また、添付ファイルがシステムに取り込めていない事象が発生している補助金及び件数として、下記の表も公開されていました。

不思議なのは、経産省の発表では本年1月4日(月曜日)から5月12日(水曜日)までにJグランツを利用して実施された補助金の申請における障害ということなのに、昨年の公募・締切であった小規模事業者持続化補助金(コロナ対応特別型)第3回受付や、ものづくり補助金1次締切等が表に含まれていることです。

本来は役所側が責任をもって、こうした障害が生じないように対処すべきですが、申請者の自衛の手段としては、締切日当日にシステムへアクセスしないよう、前もって計画的に申請を行っておくことが再提出の手間を省く上では肝要でしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【5/24更新】令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」の2次公募が開始になりました。事業再構築補助金とは、予算総額1兆円超、1社あたり補助金交付額100万円~1億円、補助率2/3という大型補助金です。このページでは「事業再構築補助金」の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【3/3更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「も ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.