補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 士業DX

VPNAzure+SoftEtherでルータ設定変更せずにお手軽VPNサーバ構築

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

VPNサーバの構築にはネットワークの知識やルータ設定の知識が必要です。最低限の知識だけでVPNサーバの構築ができるVPNAzureとSoftEhterでVPNサーバを構築しました😊 専任のネットワーク管理者がいない中小企業でもお手軽にVPNサーバが構築できます!

スポンサーリンク

VPNAzureとSoftEtherによるVPN構築

VPNAzureとは無料のクラウド型 VPN サービスであり、ルータ設定不要でNAT越えができるというすばらしいサービスです(それどころかルータにグローバルIPが付与されていなくてもOK)。一方SoftEtherとは仮想 LAN カードおよび仮想 HUB を実装することにより、簡易的なレイヤ 2 VPN を構築することができるソフトウェアのことです。まあVPNサーバのソフトといってもいいでしょうか。

なんでこんなことができるの?と昔のネットワークの知識しかない僕は疑問に思うのですが、VPNサーバにしたLAN内の端末が常時、クラウド側に対してTCP接続するようになっていて、外部からアクセスする端末はクラウドをめがけてVPNを張るからのようですね。

https://www.vpnazure.net/ja/より引用

この方法で当事務所の環境でも、ややこしいルータ設定をせずにVPNが構築できて、外部からのアクセスが可能になりました😊

当事務所のVPNネットワークについて

以前も記事に書きましたが、当事務所のネットワークはISP(CATV事業者)が貸与するルータの設置が必須です。この貸与ルータがVPNサーバ機能を持たないため、別途ルータを設置する必要があります。しかしこの方法だとポートフォワーディングの設定等に専門知識が必要で、ド素人の僕にはとうていできっこありません。そこでSoftEtherとVPNAzureを使い、下記のようなネットワークを構築しました。

VPN構築の目的は、リモートデスクトップのホスト機に外部からアクセスすることです。こうすれば外出先の端末には重要な情報をローカルに保存せずに済みます。紛失や盗難時といったリスクに対するセキュリティレベルが向上するというわけですね。

SoftEtherとVPNAzureの設定について

これについては、すごく簡潔に解説している動画がありますので、それを紹介したいと思います。僕もこの動画を見て、10分でVPNサーバの構築ができました。なお、SoftEtherの公式ページもかなり簡潔かつ詳細に設定方法を解説してくれています。

ただ一つ注意が必要なのは、パソコンに無線 LAN カードしかない場合です。当社は無線LANカードしかないノートPCをVPNサーバにしようとしたのですが、VPNAxureの「ローカルブリッジの設定」ではローカルブリッジは行わずに、代わりに仮想 HUB の設定画面から「仮想 NAT および仮想 DHCP サーバー機能」を有効にする必要があります(これで20分くらい悩みました)。具体的には下記の「SecureNAT機能を有効にする」をクリックします。

詳しくは下記のページを参照してください。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【5/24更新】令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」の2次公募が開始になりました。事業再構築補助金とは、予算総額1兆円超、1社あたり補助金交付額100万円~1億円、補助率2/3という大型補助金です。このページでは「事業再構築補助金」の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【3/3更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「も ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 士業DX

© 2020 Management Office Imamura Ltd.