補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ

「パートナーシップ構築宣言」ひな形解説(その3)

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

「パートナーシップ構築宣言」のひな形から、自社にあった「パートナーシップ構築宣言」を作成する方法を解説します(3回めです)

スポンサーリンク

これまでの記事はこちら

「パートナーシップ構築宣言」ひな形解説(その1)

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 「パートナーシップ構築宣言」し、ポータルサイトに登録されるには、自社にあった「パートナーシップ構築宣言」を作成し、代表者名を記名する必 ...

続きを見る

「パートナーシップ構築宣言」ひな形解説(その2)

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 「パートナーシップ構築宣言」のひな形から、自社にあった「パートナーシップ構築宣言」を作成する方法を解説します(2回めです) もくじ1 ...

続きを見る

「パートナーシップ構築宣言」ひな形と記載要領はこちら

「3.その他(任意記載)」の書き方

「3.その他」は任意記載なので書かなくてもよいですが、記載例には次のような例があります。このように、発注先に対する取引指針のようなものがあれば、ここに記述するのがよいでしょう。

○事業活動を通じて得られた利益やコストダウン等の成果配分を取引先との間で「50/50(フィフティ・フィフティ)」となるよう分かち合います。

○従業員が「購買基本方針」等に基づいて判断・行動できるよう、毎日の朝礼時に行う理念の和を通じて、従業員への理念浸透に向けた教育を徹底します。

○「取引先満足度調査」を毎年度実施して、取引先との長期的な信頼関係の構築や調査結果を踏まえた取引改善に繋げます。

○約束手形の利用の廃止に向けて、現金払いや電子記録債権への移行に取り組みます。

「パートナーシップ構築宣言」をする上での留意点

補助金の加点項目になっているので、それを狙ってパートナーシップ構築宣言をする企業もあるでしょう。しかし宣言文は公のポータルサイトで公開されるものですので、宣言したことは守らなければ自社のイメージ悪化につながります。

例えば「支払サイトを60日以内とするよう努めます」と書いておきながら、実際は3ヶ月先や4ヶ月先の支払いを強要するようなことがあれば、「この会社は補助金目当てにこういう宣言をしているんだ。信頼に値しないな」という評価を受けても仕方ありません。

「補助金のために形だけやっておけばいいや」という姿勢ではなく、宣言をするからには必ず守るという覚悟を持たなければならないでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【5/24更新】令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」の2次公募が開始になりました。事業再構築補助金とは、予算総額1兆円超、1社あたり補助金交付額100万円~1億円、補助率2/3という大型補助金です。このページでは「事業再構築補助金」の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【3/3更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「も ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ

© 2020 Management Office Imamura Ltd.