補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

「事業復活支援金の詳細について」が2月2日時点版に更新=前版からの変更点解説

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

中小企業庁資料「事業復活支援金の詳細について」が2月2日時点版に更新されました。前版(1月26日時点版)からの変更点を解説します。変更点は2箇所ありました。

スポンサーリンク

「事業復活支援金の詳細について」2月2日時点版はこちら

2.新型コロナウイルス感染症の影響の具体例②(P6)の脱字の追記

「新型コロナウイルス感染症の影響の具体例②」の⑥の図に修正がありました。修正といっても、脱字の追記です。下記の図の赤で網掛けした部分が追記になりました。前の版ではここを記述し忘れていたのでしょう。

8.給付額の算定⑤新型コロナウイルス感染症対策に関連する給付金等の扱い

「8.給付額の算定⑤新型コロナウイルス感染症対策に関連する給付金等の扱い」にも修正がありました。下記の図の赤で網掛けした部分が変更になっています。

赤で網掛けした部分は、1月26日版では「ことができます」と書いていました。言葉の修正としてはそれほど大きくはありませんが、意味は結構変わります。

このスライドで書かれていることは、自治体の協力金は事業収入に加えて計算をするという内容のものです。協力金がまだ降りていない(申請予定や申請中であった)場合、見込額・申請額を月間事業収入に用いる「ことができる」と書いていました。この書きっぷりだと「見込額・申請額を月間事業収入に用いてもよいし、用いなくてもよい」と解釈することが可能です。

それが2月2日版では「こととします」と変更されました。この変更によって、「見込額・申請額を月間事業収入に用いることが必要。用いなくてもよいことはない」というニュアンスに変わりました。

ということで、今回の変更により、自治体の協力金は事業収入に加えて計算する場合は、見込額・申請額も必ず計算に含む必要がありますので注意をしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【4/5更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【2022/4/2更新】2022年(令和4年)2月16日から、令和元年度・3年度補正予算として「ものづくり補助金」公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできる ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.