補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

【速報】2023年度当初予算 中小企業対策費として1,343億円を概算要求=経産省

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

8月31日、経産省は令和5年度当初予算の概算要求に関する資料を公開しました。概算要求の段階ですが、2023年度当初予算の中小企業対策費として1,343億円を要求しました。予算の全体像と、主なポイントを解説します。

スポンサーリンク

経産省資料はこちら

「令和5年度経済産業省関係概算要求のポイント」

「令和5年度中小企業・小規模事業者・地域経済関係概算要求等ポイント」

当初予算の概算要求であり、補正予算ではないことに注意

なおこの度経産省から公開された資料は、令和5年度(2023年度)の当初予算の概算要求に関する資料です。知名度の高い大型補助金である事業再構築補助金やものづくり補助金、IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金の主たる予算は、当初予算ではなく補正予算で計上されています。よってこの度概算要求された当初予算は、これらの大型補助金とは基本的には別物です。

「令和5年度中小企業・小規模事業者・地域経済関係概算要求等ポイント」の資料の中には、これらの大型補助金に関する記述もありますが、「補正」と書かれているように、あくまでも補正予算で処置される施策です。

これらの大型補助金は、年内に審議・成立されると思われる令和4年度(2022年度)補正予算で、何らかの措置がされるかもしれません。

1,343億円を概算要求しているが、全てが予算化されるわけではない

なお今回の概算要求で、中小企業対策費として1,343億円を要求していますが、すべてが予算化されるわけではありません。あくまでも経産省が「これくらい予算を下さい」と財務省にお伺いをたてた額が1,343億円です。実際はここから絞られると思われます。ぼくの勝手な憶測ですが、目下の政策的な課題として安全保障が大きな注目を浴びているので、経産省関係の予算がどれほどつくのかは不透明だと思っています。

なお今年度(2022年・令和4年度)の当初予算も、概算要求額は1,396億円でしたが、実際の予算は1,095億円でした。

新設される施策 後継者支援ネットワーク事業【4.0億円】

「後継者同士の切磋琢磨できる場を創出し、家業を活かした新規事業アイデアを競うイベントを開催」とのこと。アトツギ甲子園っぽいですけど、新しい施策のもよう。アトツギ甲子園と何が違うのか?

中小企業経営強化税制・中小企業投資促進税制・地域未来投資促進税制の延長等

経営力向上計画に基づく設備投資に対する即時償却又は税額控除措置の見直し・延長が行われます。

また、中小企業投資促進税制(機械装置等の対象設備を取得や製作等をした場合に、取得価額の30%の特別償却又は7%の税額控除)の延長も行われるようです。

さらには、(あまり利用者のいないマイナー施策ですが)、地域未来投資促進税制の延長・拡充も行われるようです。

地域未来DX投資促進事業に倍以上の予算を要求【34.9億円(15.9億円)】

令和4年度当初予算の「地域未来DX投資促進事業」とは下記のような事業なのですが、これが現行の予算の倍以上を概算要求しています。DXに力を入れるとしている成長戦略にそった動きと言えるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【9/21更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.