補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 士業DX

WordPressプラグインをダウングレードする方法(Table of Contents Plusを例にして)

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

突如当社のWordPressサイトがレイアウト崩れを起こしました💦調べてみると、とあるプラグインの更新が原因だったもよう。というわけで、原因となったプラグインをダウングレード(問題のないバージョンへの巻き戻し)を行いました。その手順のメモです。

スポンサーリンク

今回の不具合は、WPテーマ"Affinger"利用者がTable of Contents Plusの更新をした際に発生

テーマ作者の公式サイトでも告知をされているように、今回の不具合は、WPテーマ"Affinger"利用者がTable of Contents Plusの更新をした際に発生するものです。めったにないとはいえ、こういうことが起こり得るので、プラグインはできるだけ入れたくないんですよね。

でも置きてしまったものは仕方がないので、原因となったプラグインをダウングレード(問題のないバージョンへの巻き戻し)します。

WordPressプラグインをダウングレードする手順

まずはWordPressのプラグインページを開きます。(左側メニューの「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」)

ダウングレードしたいプラグインの「詳細を表示」をクリックします。

プラグインの説明ページが出てくるので、その画面の「WordPress.orgプラグインページ」をクリック。

プラグインの公式サイトに遷移するので、「詳細を表示」をクリック。

遷移先のページの一番下に「ダウンロードするバージョンを指定してください。」という項目があります。「開発バージョン」をクリックすると、過去のバージョンが指定できます。今回の本ケースでは、最新より一つ前のバージョン(2302)を選択し、「ダウンロード」をクリックします。

 

すると、PCに該当のプラグインがzip形式でダウンロードされます。

 

WordPressの左側メニューの「プラグイン」→「新規追加」をクリックし、「プラグインのアップロード」を選択します。

「ファイルを選択」のボタンをクリックして、アップロードするzipファイル(先程ダウンロードしたファイル)を指定します。

確認画面が出てくるので、よく確認したあと、「アップロードしたもので現在のものを置き換える」をクリックします。

完了画面がでたら、ダウングレードの完了です😊これでレイアウト崩れも治りました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

「事業再構築補助金」は制度開始から3年目を迎えました。多くの中小企業に知られるようになった事業再構築補助金ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。 「事業 ...

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 士業DX

© 2024 Management Office Imamura Ltd.