補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

エモブロ ブログ

自分を大きく見せたがる人の心理。それにイライラするぼくも同類なのだ。

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

週末のエモブロです。自分を大きく見せたがる人っていますよね?ぼくはそういう人を見るとイライラが止められないんですよ。でもそれは、他ならぬぼく自身も、自分を大きく見せたいと思っているからなんですよ。

スポンサーリンク

経歴を粉飾する同業者

以前、自分の経歴(職歴や実績)がすごいんだということを自慢している同業者がいました。ぼくは鼻白んだ眼差しでその人のことを見ていましたが、中には「◯◯さんは本当にすごい人だ」と信じている人もいました。

でも、あることがきっかけで、その同業者の経歴が、実は全くのデタラメだったことがわかったことがありました。(この経緯を詳しく説明すると、誰のことだかわかってしまうので、本人の名誉のために言いませんけど)

それがわかってしまうと、もうその人に対する評価はダダ下がりですよね。はっきりいって、軽蔑しましたよね。なんでそこまでして、自分を大きく見せたいんだろう?もっと等身大で生きればいいのに、と思っちゃいますよね。

「なぜ自分を大きく見せたいと思うのか」ということにちょっと関連する心理学的研究

自己顕示(虚栄心)に関する心理学的研究に、Rhodewalt, F., & Morf, C. C.による「On self-aggrandizement and anger: A temporal analysis of narcissism and affective reactions to success and failure」という研究があります。

研究者(RhodewaltさんとMorfさん)は、自己愛が強い人(自分のことをとても大事に思う人)とそうでない人を比べる実験をしました。彼らにいくつかの作業をしてもらい、その後で彼らがどう感じたかを調べる、という実験です。

実験の結果、自己愛が強い人は、成功した時や失敗した時に、感情がとても強く変わることがわかりました。彼らは、作業に成功した時には自分の能力のおかげだと思い、作業に失敗した時にはとても怒りやすいという傾向があったそうです。つまり、自己愛の強い人は、作業の成否によって、そうでない人よりも極端な感情的反応を示す傾向があることがわかった、ということですね。

自己愛が強い人が、自分を大きく見せたがる?

いや、そもそも今日のこの記事は自己顕示(虚栄心)について考察する記事じゃないの?なんで自己愛についての論文を紹介しているの?と思うでしょう。ぼくも自分で書きながらそう思ってました💦

自己愛と自己顕示は確かに異なる概念ですが、実際には密接に関連していると考えられます。自己愛が強い人は、自分が優れているという信念を持っており、その信念を他人にも認めてもらいたいという強い動機がありそうです(根拠はあまりないけど)。つまり自己愛が強い人は、自分の成功や能力を他人に示し、賞賛や承認を得ようと努めると考えら得ます。

自己愛が強い人々は、自分の優位性や成功を強調し、他人からの賞賛を引き出すために、自分を大きく見せる行動を取ろうとするでしょう。自分の価値を他人からの承認で確認することで、自己愛的な信念を強化できるのですからね。こうした動機が、自己顕示や虚栄心といった行動を引き起こす可能性があるといえます。(ちょっと強引な理屈ですが)

また、ぼくの勝手な推察ですが、自己顕示(虚栄心)の動機は、個人の内面的な不安や不確実性を補う手段として機能することもあるんじゃないかな、と思います。つまり、自分を大きく見せようとする行動は、自己の劣等感を隠すための防御機制として働くかもしれない、ということですね。(参考までに、自己愛が不安症状とFacebook中毒と正の関連があることが示した研究なんてものもあります)

というわけで、自分を大きく見せたいという気持ちは、自己の価値や能力を証明しようとする欲求はもちろんですが、自尊心や自己イメージを守り、「自分は本当はダメな人間なんじゃないか」という不安や劣等感から目をつぶる機会を与えてくれる、ということなんじゃないですかね。

自分を大きく見せる人を鼻白んだ眼差しで見るぼくも同類なのだ

「自分を大きく見せる人って、自己愛バリバリだけど、本当は自信がないのよねえ」というありきたりの論調で終わらないのが当エモブロです。

ここで最初のエピソードに戻るのですが、なんでぼくは自分を大きく見せる人を鼻白んだ眼差しで見ていたのでしょうか。それはぼくも心の奥底では「自分の経歴や実績を他人から認めてもらいたい」という気持ちを持っているからと思います。

そういう気持ちを持っているにもかかわらず、「でもあからさまに見せて引かれるのもアレだようなあ」と思っているので、自分の中では自己顕示の気持ちをセーブしています。これは当の本人であるぼくが言っているので間違いない事実です(自信たっぷり)。自分自身がセーブしているにも関わらず、セーブせずに自己顕示バリバリの人を見ると、イライラしちゃうんですよ。「ぼくは自己顕示をセーブしているのに、あの人はセーブせずに自己顕示できているのが羨ましくて悔しい」ってね。

だから、自分を大きく見せる人を鼻白んだ眼差しで見るぼくも同類なんだと思います。本当に自分を大きく見せることに関心がない人は「◯◯さんは本当にすごい人だ」と、素直に思うと思いますもん。

ぼくも自己顕示したくてしたくてたまらないのです。そうじゃなきゃブログなんか書かないし、YouTubeなんかもやりませんよね。素直じゃなく、同族嫌悪してのたうちまわっているぼくも、自己愛にまみれた俗物なのですよ😊

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

「事業再構築補助金」は制度開始から3年目を迎えました。多くの中小企業に知られるようになった事業再構築補助金ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。 「事業 ...

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-エモブロ, ブログ

© 2023 Management Office Imamura Ltd.