補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ものづくり補助金 ブログ 融資・補助金

ものづくり補助金18次締切 製品・サービス高付加価値化枠をざっくり解説(3)

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

1月31日、ものづくり補助金の18次締切の公募要領が公開されました。18次締切から、製品・サービス高付加価値化枠という申込プランが公募開始となりました。これはどのような要件が求められる申込みプランなんでしょうか?ざっくりと解説します。

スポンサーリンク

動画でも解説しています(無料・登録不要)

前回の記事はこちら

ものづくり補助金18次締切 製品・サービス高付加価値化枠をざっくり解説(1)

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 1月31日、ものづくり補助金の18次締切の公募要領が公開されました。18次締切から、製品・サービス高付加価値化枠という申込プランが公募 ...

続きを見る

ものづくり補助金18次締切 製品・サービス高付加価値化枠をざっくり解説(2)

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 1月31日、ものづくり補助金の18次締切の公募要領が公開されました。18次締切から、製品・サービス高付加価値化枠という申込プランが公募 ...

続きを見る

ものづくり補助金18次締切 GX類型の要件

GX類型の要件では、「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」実行計画14分野の課題解決につながる新製品・新サービスの開発が求められます。これはどういうものでしょうか。以下の図に書かれているのが14分野です。

ただし、単に該当する分野に取り組んでいるだけでは不十分で、具体的な課題解決に資する取り組みでなければなりません。

例えば自動車・蓄電池分野を挙げると、対象となる課題はEV等の低価格化・インフラ整備、合成燃料の商用化に向けたコストと製造技術の確立、蓄電池の大量生産と性能向上の3つが挙げられています。これらの課題解決につながるような革新的な新製品・新サービスの開発が必要です。単に自動車部品を製造しているだけでは不十分ですね。

ものづくり補助金18次締切の公募・手続きスケジュール

最後に、ものづくり補助金18次締切の公募・手続きスケジュールも説明します。

18次締切は、1月31日から公募が開始されています。電子申請が可能になるのが、3月11日で、電子申請の応募締切が3月27日です。締

切後、補助申請額が一定規模以上の申請を行う事業者を対象に、口頭審査がオンラインで行われます。いくらくらいの申請額だったら口頭審査の対象になるのかは、公募要領には書かれていませんね。

そして6月下旬には、補助金の交付候補者が決まるようです。これはまだ「内定」と同じ状況ですので、正式に補助金の交付が決定するには、交付申請という手続きをしなければなりません。

交付申請の書類に問題がなければ、交付申請から約一か月程度で正式に交付決定が下ります。この交付決定が下りて、はじめて発注・納品・支払いができるようになります。発注・納品・支払いができる期間が、ピンクの範囲です。この期間を1日でも外れた発注・納品・支払いは、一切補助金の対象となりませんので、機械装置等の納期に注意をしてください。この期間は交付決定から、最終で2024年12月10日までと定められています。

納品・支払まで完了した後は、実績報告が必要です。事務局の監査を受ける必要もあります。その後にようやく補助金の請求ができるようになります。

「製品・サービス高付加価値化枠」はかなりハードルが高い

3回にわたって、ものづくり補助金18次締切「製品・サービス高付加価値化枠」の概要と主な要件を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

この申込みプランは、革新的な新製品・新サービスの開発を伴う必要がありますので、結構ハードルは高いでしょう。本音は単なる設備更新なのに、うまいこと作文をして補助金をもらってやろう、という考えは、この申込みプランでは通用しないだろうなと思います。そういうのはそもそも虚偽申請ですから、気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

「事業再構築補助金」は制度開始から3年目を迎えました。多くの中小企業に知られるようになった事業再構築補助金ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。 「事業 ...

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ものづくり補助金, ブログ, 融資・補助金

© 2024 Management Office Imamura Ltd.