補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 開業・創業

フリーランスがOffice365 Soloを商用利用する

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

昨日、Office365 Soloのサブスクリプションを購入しました。以前から買おうかなあと思っていたのですが、なかなか踏ん切りがつきませんでした。いろいろ調べた結果、よっしゃ買おう!と思い立ちました😊購入判断からインストールまでをまとめます。

スポンサーリンク

Office365 SoloとBusinessについて

Office365には、一般家庭用のSoloと企業向けのBusinessがあります。簡単に比較すると下記のような違いがあります。

 SoloBusinessBusiness Premium
費用12,744円/年900円/月1,360円/月
outlook.com メールボックス 50 GB + 独自ドメイン
最新版 Outlook 、 Word 、 Excel 、 PowerPoint 、 OneNote 、  Access 、  Publisher
1 ライセンスでユーザー 1 人あたり インストール台数無制限5台5台
OneDrive ストレージ 1 TB
Skype 60 分間無料
SharePoint
ビデオ会議
Microsoft Teams
Outlook Customer Manager
Microsoft Bookings
Microsoft Planner
最大ユーザー数300300
24 時間年中無休サポー ト
商用利用権付きライセンス

仕事で使うからBusinessのほうがいいんじゃない?という気もするのですが、いらない機能が多いし、当面の間は人を雇うつもりもないしで魅力はあまりないのです。もう一つ困ったことはOne Driveなのです。僕はOne Driveのヘビーユーザーなのですが、Office365 Businessにすると、Business専用のOne Drive(One Drive for Business)に1TBの容量があてがわれてしまい、標準のOne Driveの容量が増えません。で、標準のOne Driveとfor Businessは統合もできないようなのです。これは利便性を大きく損なうということで悩んでいました。

しかしながら、One Driveのヘビーユーザーであるがゆえに、既存のOne Driveの容量もひっ迫気味。そろそろ1TBにしなければ……と追い詰められていたのでした(大げさ)

もう一つの難点。商用利用について

どこかで「Office365 Soloは商用利用ができない」という話を聞いたことがありました。趣味でOfficeを使う人なんているのか?という疑問が頭をよぎりながらも、商用利用ができないんじゃあ意味ないなあ……と思っていました。「バレなきゃいいじゃないか」という考え方もあるでしょうが、一事が万事です。「バレなきゃいい」が当たり前になっていくと、そのうち大きな不正を働くようになるものです。そういう会社を山ほど見てきたので、自分の会社ではそういうことはしたくないと思っていたのです。

そう思いながら調べていると、すごいブログを発見。Office365 Soloが商用利用できるかということを、あらゆる角度から分析したブログです。このブログ主さんの熱意と行動力は半端ない!書面の確認だけではなく、マイクロソフトのサポートへの確認はもちろんのこと、弁護士さんにまで見解を求める徹底ぶり。これ、プロの仕事ですよね。こういうブログを僕も書きたい!と思ってしまいました。

ぜひ読んでいただきたいブログなのですが、結論だけ簡単に言うと「Office365 Soloは商用利用でも問題ない」ということです。しかも規約が最近になって変更となり、あいまいだった商用利用権が明確に「OK」とマイクロソフトからも宣言されるようになったのだそうです。

(余談ですが、こちらのブログを読んでいると、マイクロソフトの仕事の中途半端さが浮き彫りになります)

念のため、最新のマイクロソフトの告知を見ると、確かに「商用利用できる」と明言されていますね。

Amazonのタイムセールで値引き購入

というわけでOffice365 Soloを買うことに心を決めた僕は、さっそくAmazonのタイムセールに突撃。Office365 Soloは、定期的にAmazonで値引きされるのです。このタイミングを待ってました。

タイムセールだと、定価11,800円/年(マイクロソフト公式では12,744円/年)のところを、プライム会員限定ですが11,002円/年で購入可能です。月割すると916円ですね。

Amazonのダウンロードライブラリーからのインストール

インストールはAmazonのダウンロードライブラリーからがらくらくです😊

office.comへのリンクをクリックすると、インストール準備の画面になります。

Amazonで購入したものはあくまでも1年間のライセンス。定期請求(自動更新)のためにクレジットカード情報も入力します。

ここまですると、Office365のプロダクトキーがマイクロソフトアカウントに紐づけされるようです。

あとはインストールをするだけ。

インストール後は、これまでサブスクリプションしていたOne Drive+50(50GBの増量オプション)を解約します。もはや1TBあるので50GBなんてわずかなものです。

One Driveの容量も無事に1TBになりました(しばらくはOne Drive+50が有効なので、1.05TBとかいう中途半端な容量になっている)

Office2019の新機能は使えるか?

あまり重視はしていませんが、Office365では最新版Officeの機能が使えます。永続版でいうとOffice2019が最新版。(ただしOffice365 Soloを使っている場合は、Office2019という名称はどこにも出てきません)

果たして本当に新機能が使えるのか……と思って調べてみると、確かに使えました。下記の画面は、Wordの新機能Microsoft Translatorです。

これで一層便利になった当社のPC環境です😊

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

更新情報(9/12) ものづくり補助金・超基礎編の動画を公開しました。登録不要でご覧いただけます。もちろん無料です! 更新情報(9/9) 2019年実施ものづくり補助金2次公募オンラインセミナー&オリ ...

2

更新情報(9/12) ものづくり補助金・超基礎編の動画を公開しました。登録不要でご覧いただけます。もちろん無料です! 更新情報(9/9) 2019年実施ものづくり補助金2次公募オンラインセミナー&オリ ...

3

更新情報(9/12) ものづくり補助金・超基礎編の動画を公開しました。登録不要でご覧いただけます。もちろん無料です! 更新情報(9/9) 2019年実施ものづくり補助金2次公募オンラインセミナー&オリ ...

-ブログ, 開業・創業

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(東京・神戸) , 2019 All Rights Reserved.