補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

小規模事業者持続化補助金 融資・補助金

小規模事業者持続化第8回締切公募開始=概要解説

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

3月22日、小規模事業者持続化の第8回締切が公募開始となりました。今回から概要&前回との主だった違いを解説します。

スポンサーリンク

小規模事業者持続化第8回締切の申込プラン

これまでは大きく分けて「一般型」と「低感染リスク型ビジネス枠」という2つの申込プランでしたが、第8回締切から申込プランが多様化しました。ただし、特別枠はかなり限られた企業が対象になりますので、注意してください。

小規模事業者持続化第8回締切のスケジュール

第8回締切は下記のとおりです。3月29日から申請受付が開始され、5月27日までに商工会・商工会議所から事業支援計画書を得なければなりません。その後、6月3日までに申請を完了させる必要があります。

小規模事業者持続化第8回締切の対象経費

対象経費もこれまでの公募から変動がありました。ウェブサイト関連費が交付申請額の1/4までになった点と、専門家旅費・専門家謝金が廃止された点が主な変更点です。

 

第8回締切から対象経費に大きな変化がありました。まず、ウェブサイト関連費(ウェブサイトやECサイト等を構築、更新、改修するための経費)は、補助金交付申請額の1/4を上限とするようになりました。通常枠だと補助金交付申請額の上限は50万円ですので、この場合は12万5千円までしかウェブサイト関連費を計上することができません。ここはおおきな変更点ですので注意をしてください。

小規模事業者持続化第8回締切の加点項目

加点項目は下記の6点です。この加点項目を満たしている度合いが大きいほど採択の可能性が高まります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【4/5更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【2022/4/2更新】2022年(令和4年)2月16日から、令和元年度・3年度補正予算として「ものづくり補助金」公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできる ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-小規模事業者持続化補助金, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.