補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ

Garminスマートウォッチ Instinct Dual Power Tactical Edition 実機購入レビュー

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

何回買うねん?と突っ込まれそうですが、また新しいスマートウォッチ(GarminのInstinct Dual Power)を購入しました。実機の開封&スマートフォンからの通知まわりのレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

Garminスマートウォッチ Instinct Dual Power Tactical Editionについて

アウトドア製品の大手Garminは、ソーラー充電と従来のUSB充電を兼ね揃えた新しいスマートウォッチを発売しました。なんとバッテリー持続時間が最大で54日!僕が使いたい方法でも30日以上はバッテリーが持つようです😊すごいですよね!

明細事項 レンズ素材 Power Glass(材質:Gorilla Glass)
ベゼル素材 繊維強化ポリマー
ケース素材 繊維強化ポリマー
QUICKFIT ウォッチバンド対応 (22 mm)
ストラップ素材 シリコン
サイズ 45 x 45 x 15.3 mm
外周: 132-224mm
ディスプレイサイズ カスタム、2ウィンドウデザイン、23 x 23 mm(0.9” x 0.9”)
解像度 128 x 128 pixels
ディスプレイタイプ モノクローム、太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP)
重量 53 g
バッテリー寿命 スマートウォッチモード:最大 24 日間 + 30 日間*
GPS + 光学心拍計:最大 30 時間 + 8 時間
バッテリー最長 GPS モード:最大 70 時間 + 75 時間**
Expedition モード:最大 28 日間 + 40 日間*
バッテリー節約ウォッチモード:最大 56 日間 + 無制限*
防水等級 10 ATM
内蔵メモリ/履歴 32 MB

開封の儀

というわけで、届いた製品を早速開封です!\(^o^)/

これは外箱ですね。

裏もお見せしましょう。当たり前ですが日本語表記もありますし、発売元がガーミンジャパン株式会社です。日本正規品です。

フタをあけてご対面!

時計重量が53gで、付属のシリコンバンドを含めても70g前後くらいじゃないでしょうか。持った瞬間、「軽い!」と感じました。今僕が使っているSamsungのGalaxy Gear S3 Frontierがバンド付きで95gですからね。ほんのちょっとですが、体感的には随分と違うんですよね。

同梱品はこれだけです。ステッカーが3枚ありますね。

iPhoneとのペアリングと通知

さっそくiPhone XRとペアリングをして、通知がどう表示されるかテストをしてみます。まずはgmailです。送り主、タイトル、メールの先頭の一文程度は時計に表示されます(全文は無理っぽいです)。まあ僕の用途ではこれでじゅうぶんですけどね。

アイコンもメールマークになっています。

そして電話の着信。発信者も表示されます(というかiPhoneの通知で出ている情報がそのまま表示されている)。

ちなみに電話の着信は、キャリアの音声通話での着信だけではなく、IP電話(LINE通話や03Plusのような通話で、iPhoneだとCallkitに対応しているもの)もちゃんと通知してくれました。呼び出し中は、時計もずっと鳴動します。

こちらはLINEの着信をしたときの通知です(文面は気にしないでください💦)。???(!)などと表示されているのは絵文字です。さすがにこれは表示されません。

こちらはLINEのスタンプを受信したときの通知です。

基本的には何でも表示されます。マイナーなところでは、MicrosoftのAuthenticatorの通知もこの通り。ですのでGoogleカレンダーやSMSも、当然のように通知されます。

充電は専用ケーブルで

充電はGarminのスマホに共通している4ピンの専用ケーブルで行います。まあバッテリーの持ちがよく、充電する機会もそんなにないので、これでいいかもしれませんが、クレードルみたいのがあるといいんだけどなあ。(純正じゃないものはAmazonにたくさんありましたが)

ミュージックコントロールも可能

僕はあまりしないんですが、ジョギングやハイキング中にミュージックコントロールをしたくなっても時計からできます。

ソーラー充電レベルの表示も(ウォッチフェイスの設定次第)

ウォッチフェイスの設定次第ですが、画面にソーラー充電レベルも表示されます。下記の写真では、10分ほど日の当たる場所に時計を置いた時間帯に、充電レベルが高い状態を示しているのがわかりますね。

軽いし、バッテリーは長持ちするし、なんと10気圧防水だし、通知まわりも完璧。スペックとしては言うこと全くなしで、大満足の買い物になりました😊

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

【10/2更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「 ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 流行の兆しがみられる新型コロナウイルスですが、生産性革命推進事業(ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金)において、新型コロナ ...

-ブログ

© 2020 Management Office Imamura Ltd.