補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 士業DX

当社のWordPressサイト(今年最高75万PV/月)で使っているプラグインについて

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村です。

今日は当社のWordPressサイトで使っているプラグインを公開します。一応今年の4月に75万PVを記録したサイトですので、ぜひ参考にしてください😊

プラグイン一覧

当社は本日現在で使っているプラグインは下記の14個です。(この他、レンタルサーバー事業者が提供するWebフォントプラグインや、マルチバイト文字の修正プラグイン、使用している有料テーマのクレジット削除プラグインなどを入れていますが、今回の紹介では割愛します)

  • Broken Link Checker
  • Classic Editor
  • DNUI
  • Google XML Sitemaps
  • Optimize Database after Deleting Revisions
  • PWA for WP
  • Pz-LinkCard
  • Really Simple SSL
  • Remove Query Strings From Static Resources
  • Shortcodes Ultimate
  • Table of Contents Plus
  • TablePress
  • TablePress Extension: Responsive Tables
  • Visualizer: Tables and Charts for WordPress

スポンサーリンク

大きく分けると「見た目改善系」と「高速化系」が主流

大きく分けると「見た目改善系」と「高速化系」に分けることができます。例えば「見た目改善系」は次のプラグインです。

  • Broken Link Checker
  • Shortcodes Ultimate
  • Pz-LinkCard
  • Table of Contents Plus
  • TablePress
  • TablePress Extension: Responsive Tables
  • Visualizer: Tables and Charts for WordPress

Broken Link Checkerは、外部リンク切れの記事を探すのに使用しています。Shortcodes Ultimateは、主にGoogleマップの埋め込みに使っていますね。それ以外にはあまり使っていません。というのも、使っている有料テーマのショートコードが結構充実しているので、プラグインを頼る理由がないんですよね。

Pz-LinkCardも、リンクをカード形式で見た目良くするために使っていますし、Table of Contents Plusも目次の自動生成をしてユーザーの導線を良くするためにつかっています。TablePressは、モバイル画面(amp含む)でも崩れない表の埋め込みに使っていますし、Visualizerは下記のようなグラフをきれいに見せるために使っています。

一方、「高速化系」は次のとおりです。

  • DNUI
  • Optimize Database after Deleting Revisions
  • PWA for WP
  • Remove Query Strings From Static Resources

DNUIは高速化といえるのか……?という疑問はありますね……使っていない画像を削除してくれるので、はサーバー容量の確保のためかもしれません。Optimize Database after Deleting Revisionsはデータベースの最適化に、PWA for WPはPWAの導入に、Remove Query Strings From Static ResourcesはCSSやJSのファイルを読み込む際に" ?ver=xxxxxxx"みたいな語尾がつくのを削除してくれるプラグインです。これがあるとキャッシュとして利用されない場合があり、ページ自体の読み込み速度が下がるらしいのです。

「高速化系」といっても、これらのプラグインがどの程度高速化に寄与しているのかは大いに疑問ですね……。仮に寄与していたとしても、もっと高速化のために解決すべき問題がありますからね……(例えば当社のページが重い画像が多用されている等)。

SEO対策のプラグインは入れていない

WordPressのプラグインといえば、ド定番である"All in one SEO pack"というのがあります。当社もサイトの立ち上げ時には有効化していました。しかし当社のサイトは有料テーマを使っており、この有料テーマ自体にSEO対策が施されているので、あまり意味ないかな?と思って削除をしました。削除をしても、今年の4月ごろは複数の記事がバズり、検索エンジン流入を主として75万PVを叩き出しましたので、やっぱりいらなかったなと安心しています。

Contact Form 7も不具合があり削除

その他のメジャーなプラグインとしては、Contact Form 7も利用していました。お問合せフォームが楽に作れて重宝していたのですが、ある時突然(なにかと競合したためか)、お問い合わせ内容がメールとして送信できなくなりました。プラグインはこういうことが起こるので怖いんですよね……。プラグインに依存しない問い合わせフォームにしようということで、いまはGoogleフォームを使っています。Googleフォームは、サイトとのシームレス感に乏しくて、これもデザイン的にイマイチだなあと思っていますが、機能としてはまずまず満足しています。

プラグインの管理って難しいですよね……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

【10/2更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「 ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 流行の兆しがみられる新型コロナウイルスですが、生産性革命推進事業(ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金)において、新型コロナ ...

-ブログ, 士業DX

© 2020 Management Office Imamura Ltd.