補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 士業DX

当社は本年よりFAXを廃止いたしました

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

当社は本年よりFAXを全廃しました。建前としては「ペーパレスと業務効率化」なんですが、本音はコスト削減です。だって創業からまる4年で34回しか送信しませんでしたし、2021年にいたっては送信も受信もゼロ件でしたからね。

スポンサーリンク

4年間の送信回数は34件。うち7割以上が役所や商工会議所

当社はクラウドFAXサービスを使っていますので、利用開始からの送受信履歴が全て残っています。送信履歴を確認すると、2017年11月に契約をしてからというもの、送信回数は34件(送信テストを除く)でした。

うちわけを見ていくと、およそ7割が役所や商工会議所関係でした。その中でも一番多かったのが、兵庫県経営改善支援センターとのやり取りです。早期経営改善計画の支援をしたことが2018年にあったのですが、このときはなぜか兵庫県経営改善支援センターはFAXでなければやりとりができなかったのです(謎)。

また、セミナーの参加申し込みがFAXしかないということもありました。さすがにコロナ禍でオンラインセミナーが当たり前になった昨今、さすがにもうFAXじゃないと受け付けないということもなくなるでしょう。

のこりの3割はかろうじてお客さんとのやり取りですが、これもほとんどがメールアドレスがわからない一見さんとのやり取りでした。

受信はほとんどがFAX DM

いっぽう、受信は153件あったのですが、これも130件以上はFAX DMでした。FAX DMはなぜかトラックの傭車の募集のDMが多く(笑)、ちゃんと業種を調べてからDMしろよ~と思うものがほとんどでした。

FAX廃止で月1,200円のコスト削減

当社は03 PlusというクラウドPBXサービスのFAX機能を使っています。代表番号のほか、FAX番号を追加番号として有料で取得している上に、FAXサービスのオプションをつけています。FAX送受信機は不要なのですが、この追加番号取得とFAXサービスのオプションに毎月1,200円支払っていました。まずまずの費用ですよね。

というわけで当社はFAXを全廃することになりました。これまでに交わした名刺や当社の会社案内にはFAX番号が記載されているものもありましたが、利用不可になりましたことをお伝え申し上げます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【4/5更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【2022/4/2更新】2022年(令和4年)2月16日から、令和元年度・3年度補正予算として「ものづくり補助金」公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできる ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 士業DX

© 2020 Management Office Imamura Ltd.