補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

「先端設備等導入計画」「経営力向上計画」税制優遇措置延長の可能性?

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

11月22日、時事通信は『中小法人税、軽減特例延長へ 2年間、原材料高・円安で―来年度税制改正、政府・与党』という記事を報じました。この中では「先端設備等導入計画」の税制優遇措置延長の可能性が示唆されています。

スポンサーリンク

『中小法人税、軽減特例延長へ 2年間、原材料高・円安で―来年度税制改正、政府・与党』はこちら

「先端設備等導入計画」の税制優遇措置延長の可能性?

先端設備等導入計画は、生産性向上に資する設備を導入することについての計画を自治体に提出し、認定を受けると、固定資産税の課税標準を3年間、ゼロ〜1/2に軽減するという施策です。ただし現行は、令和5年3⽉31⽇までに取得したものまでが固定資産税の対象です。

時事通信の報道では、この「先端設備等導入計画」の税制優遇措置延長の可能性が示唆されています。

中小企業関係ではこのほか、生産性を高める設備投資や、積極的な研究開発投資を支援する減税優遇なども検討。

(11月22日 時事通信『中小法人税、軽減特例延長へ 2年間、原材料高・円安で―来年度税制改正、政府・与党』より引用)

「経営力向上計画」の税制優遇措置も延長?

ところで、先端設備等導入計画と似た制度として、「経営力向上計画」というものがあります。経営力向上計画に基づき、一定の設備を新規取得等して、指定事業の用に供した場合、即時償却又は取得価額の10%の税額控除を選択適用することができるという制度です。

こちらも指定期間が令和5年3月31日までとなっていて、その後延長されるかどうかは今のところ決まっていません。

「経営力向上計画」の税制優遇措置については、8月31日に経産省から「令和5年度経済産業省税制改正要望について」で、延長の要望が出されています。

下記の資料のP142に「中小企業者等が機械等を取得した場合の特別償却又は法人税額等の特別控除(中小企業投資促進税制)の延長」という要望事項があります。

こちらもどうなるかはまだ決まっていませんが、要望事項が提出されている状況です。

先端設備等導入計画、経営力向上計画のいずれについても、12月に固まる「税制改正大綱」で方向性が明らかになると思われます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【9/21更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【2022/9/20更新】2022年(令和4年)2月16日から、令和元年度・3年度補正予算として「ものづくり補助金」公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みでき ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.