補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ プライバシー・セキュリティ

EUのAI規制法案"EU AI Act" 2024/6/25時点での最新情報

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

EUのAI規制法案である"EU AI Act"に関して、6/25時点での最新情報を、かいつまんでお伝えします。(情報源は、The EU AI Act Newsletter #55です)。

スポンサーリンク

欧州委員会、AI法に基づく初のAI委員会高官レベル会合を開催

2024年6月19日、欧州委員会はAI法(EU AI Act)に基づく初の高官レベルのAI委員会(AI Board)の会合を開催しました。この会合は、AI法の正式発効が8月初旬に予定されている中、その実施に向けた基盤を築くことを目的としていました。会場となったのは、ブリュッセルにある欧州委員会のビルで、高官レベルの代表者が一堂に会し、戦略的ビジョンや組織の構築について議論しました。

高官レベルの代表者が一堂に会する初会合

会合には、EU加盟国の高官、欧州委員会の代表者、そして観察者として欧州データ保護監督官が参加しました。また、EEA/EFTAメンバーであるノルウェー、リヒテンシュタイン、アイスランドも観察者として出席し、この重要な会合に立ち会いました。会合の目的は、AI法の実施に向けた初期の準備を整えることであり、そのための戦略的ビジョン、国家ごとのガバナンスアプローチ、初期の成果物、組織的事項などが議題に上がりました。

AI法の戦略的ビジョンと初期成果物

欧州委員会は、AI法の戦略的ビジョンとAI委員会の役割について議論が行われたことを明らかにしました。具体的には、AI法の実施においてAI委員会がどのような役割を果たすのか、また各国がどのようにAIガバナンスを進めていくのかについてのアプローチが話し合われました。これにより、AI技術の発展と規制がバランスよく進められることが期待されています。

組織体制と次回会合の予定

また、AI委員会の組織についても詳細が議論されました。委員会の任務やリーダーシップの選定、意思決定プロセス、さらにサブグループの設立など、組織的な事項についても多岐にわたる議論が行われました。これにより、AI法の実施を円滑に進めるための組織体制が整えられることとなります。

この初会合では、AI法の実施に向けた早期の協力の重要性が強調され、各国間の連携が強化されました。次回の会合は、AI法が正式に発効した後の初秋に予定されており、さらに詳細な議論と具体的な施策の検討が進められる予定です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

「事業再構築補助金」は制度開始から3年目を迎えました。多くの中小企業に知られるようになった事業再構築補助金ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。 「事業 ...

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, プライバシー・セキュリティ

© 2024 Management Office Imamura Ltd.