補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

【IT導入補助金2019】審査項目の考察と採択されるための記述についての私案(その4)

更新日:

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

昨日に引き続き、IT導入補助金2019の分析をします。本日は公募要領内にある審査項目を読み解き、審査で評価されるためにはどうすればよいかを考察します。今日は審査項目のうち、(2)計画目標値の審査について解説します。

スポンサーリンク

IT導入補助金2019の審査項目

IT導入補助金2019の審査項目は下記の通りです。

今日はこのうち、(2)計画目標値の審査 ・労働生産性の向上について解説します。

計画目標値の審査 労働生産性の向上

当該審査項目は下記のとおりです。

  • 労働生産性の向上

あっさりした審査項目ですね😅

労働生産性については、補助事業を実施することによ労働生産性の伸び率向上ついて、3年後1%以上、4年後の伸び率1.5%以上、5年後の伸び率2%以上となるよう、数値目標の作成が求められています。ただしこれは「申請要件」に書かれていることですので、最低限これをクリアしなければ申請さえできない、という条件です。

この申請要件とは別に、生産性の向上の計画目標値が審査項目になっているというのはどういうことでしょうか。

申請要件の「3年後1%以上、4年後の伸び率1.5%以上、5年後の伸び率2%以上」を超えることは当然のこととして、これがどれくらい向上することが見込まれるか、もしくは(および)その目標値は妥当かどうか、という点が審査項目となっている可能性があります。

労働生産性の数値が高ければよいのか?というと必ずしもそうではなく、導入するITツールと、改善する業務プロセスから鑑みて、設定されている目標値が妥当かどうか、という点が審査されている可能性がありますね。改善される業務プロセスが少ないにもかかわらず、労働生産性の向上目標が20%などという高い数値になっていた場合、これは妥当とは言えないと判断される可能性もありそうです。

思い付きで数字を作るのではなく、IT支援事業者と共同で、現実的な経営分析・シミュレーションをすることが望ましいと思われます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

令和元年実施ものづくり補助金2次公募対策セミナー

オンラインセミナー配信・オリジナル記入例等のダウンロード

最近の人気記事

1

更新情報(5/18) 令和元年・2019年実施ものづくり補助金2次公募の概要・書き方等について分析を始めました。下記のリンクをご確認ください。 ものづくり補助金2次公募セミナー情報・更新情報(6/13 ...

2

ものづくり補助金2次公募セミナー情報・更新情報(6/13) 令和元年実施ものづくり補助金2次公募に関連するセミナーを、7/2(火)に神戸で、7/3(水)に大分で、7/22(月)に東京で開催予定です。詳 ...

3

ものづくり補助金2次公募セミナー情報・更新情報(6/13) 令和元年実施ものづくり補助金2次公募に関連するセミナーを、7/2(火)に神戸で、7/3(水)に大分で、7/22(月)に東京で開催予定です。詳 ...

-ブログ, 融資・補助金

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(兵庫県・神戸市) , 2019 All Rights Reserved.