補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

小規模事業者持続化補助金 低感染リスク型ビジネス枠 3月に公募開始予定=経産省発表

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

経産省は、支援パンフレット「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」の中で、小規模事業者持続化補助金「低感染リスク型ビジネス枠」が3月に公募開始予定であることを発表しました。

スポンサーリンク

支援パンフレット「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」はこちら

経産省は、新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者が活用できる支援策をパンフレットにまとめています。かなり頻繁に更新されますので、この中で新たな情報が明らかになることも珍しくはありません。この度、小規模事業者持続化補助金「低感染リスク型ビジネス枠」が3月に公募開始予定であることの発表も、この中でさりげなく公表されていました。

持続化補助金「一般型」と「低感染リスク型ビジネス」の違い

持続化補助金「一般型」と「低感染リスク型ビジネス」の違いはどのような点にあるでしょうか。主だった点を下記にまとめました。

 

 一般型低感染リスク型ビジネス枠
補助上限額50万円
(一部事業者は100万円)
100万円
補助率2/33/4
次回公募締切
(2/12時点)
443514~5月頃?

中小企業庁の告知パンフによると、低感染リスク型ビジネス枠の活用事例として、次のような事例が示されています。

ポストコロナ社会を見据えた対人接触機会の減少に資するビジネスモデルへの転換のため、飲食店が大部屋を個室にするための間仕切り設置を行い、予約制とするためのシステムを導入。

この例のように、小規模事業者持続化補助金「低感染リスク型ビジネス枠」では、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、⽣産プロセスの導⼊等の取組である必要があります。

ものづくり補助金ではすでに低感染リスク型ビジネス枠が受付開始に

小規模事業者持続化補助金の兄弟施策であるものづくり補助金では、すでに低感染リスク型ビジネス枠の公募が始まっています。ものづくり補助金の場合、ゲリラ的に公募開始がアナウンスされましたので、小規模事業者持続化補助金の低感染リスク型ビジネス枠も、突然発表されるかもしれません。

商工会・商工会議所のホームページや、中小企業庁、中小機構の発信する情報にも注目が必要ですね。

【速報】ものづくり補助金 新特別枠(低感染リスク型ビジネス枠)公募開始 公募要領(v2.0)概要解説

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 2月9日、ものづくり補助金の公募要領が2.0版に改定されました。最も大きな変更は、令和2年度第3次補正予算で組まれた新特別枠(低感染リ ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【2/16更新】事業再構築補助金とは、予算総額1兆円超、1社あたり補助金交付額100万円~1億円、補助率2/3という大型補助金です。このページでは「事業再構築補助金」の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【2/10更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.