補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 事業再構築補助金 融資・補助金

【完全版】事業再構築補助金に必携!GビズID申請方法

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

事業再構築補助金は電子申請のため、GビズIDプライムの取得が必須になっています。GビズIDプライムとは何でしょうか?またどうやって申請するのでしょうか?申請にあたっての注意事項はあるでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事業再構築補助金の申請に必須である「GビズID」とは何か?

GビズIDとは、1つのアカウントで複数の行政サービスにアクセスできる認証サービスのことです。アカウント(IDパスワード)は無料で取得できることができます。

事業再構築補助金のような補助金の電子申請システムはログインするために必要ですが、補助金申請のためだけのものではありません。経営力向上計画や事業継続力強化計画といった税制優遇措置を受ける上での計画認定制度の申請や、社会保険手続きの電子申請(各種届出の作成、申請、申請状況の確認)などもできます。

無料ですし、補助金だけではなく社会保険手続きなどの電子申請もできるので、取得をしておいて損は全くありません。

https://gbiz-id.go.jp/top/manual/pdf/QuickManual_Entry.pdf

事業再構築補助金の申請に必須なのは「GビズIDプライム」。「エントリー」「メンバー」ではない

ところで、GビズIDには3種類のアカウントがあります。「GビズIDプライム」「エントリー」「メンバー」です。

事業再構築補助金の申請に必須なのは「GビズIDプライム」です。

https://gbiz-id.go.jp/top/manual/pdf/QuickManual_Entry.pdf

「GビズIDエントリー」ができることは、実はあまりありません。これまで「GビズIDエントリー」は、2020年の春頃に電子申請の需要が急増した際、「GビズIDプライム」の審査に時間がかかるため、緊急措置的に「GビズIDエントリー」での補助金申請を一時的に受け付けたことがありました(令和元年度ものづくり補助金2次締切など)。ただし、緊急時の一度きりの措置でした。

したがって、間違って「GビズIDエントリー」を申請しないようじゅうぶんに気をつけてください。「GビズIDエントリー」はアカウントが即日発行されますが、「GビズIDエントリー」では事業再構築補助金の電子申請が一切できません(電子申請システムにログインすらできません)。誤って「GビズIDエントリー」を取得したことを事業再構築補助金の締切直前に気がついたとしたら大変です。締切までに申請が間に合わなくなります。

「GビズIDプライム」の取得から事業再構築補助金の申請までの大まかな流れ

「GビズIDプライム」の取得から事業再構築補助金の電子申請までの大まかな流れを押さえておきましょう。

まず最初に、GビズIDプライムの申請の準備です。GビズIDプライムの申請は、残念ながら、ネットで必要情報を入力すればすぐにアカウントが発行されるというものではありません。ネットで必要情報を入力した上で、印刷をして、実印を押して、印鑑証明書とともにセンターに郵送するというプロセスがあります。

センターに必要書類を郵送して、そこで審査がなされて、IDパスワードが正式に発行される流れになります。このプロセスに最大で2週間ほどかかります。過去には、申請が殺到して3~4週間ほど時間がかかったケースがありますので。早めに申請をしてください。なお、「GビズIDプライム」申請から2か月以内の申請中データであれば、こちらのページから申請状況の確認ができます。

GビズIDプライムが取得できれば、ここでようやく電子申請システムにアクセスができるようになります。電子申請システムはJグランツというシステムで行うことが予定されています(Jグランツとは、国が用意している補助金等の電子申請システムのことです)。

この電子申請システムにログインした後、必要事項をwebフォームに直接入力したり、必要書類を添付してアップロードすることも必要になります。入力が完了し、申請内容送信すれば、おそらく受付番号が表示をされるでしょう。受付番号が表示をされたら、申請は完了になるものと思われます。

事業再構築補助金申請のための「GビズIDプライム」の取得に必要なもの

「GビズIDプライム」の申請には次のものが必要です。

  • スマートフォンもしくは携帯電話(ワンタイムパスワードをSMSで受信するため)
  • 印鑑(登録)証明書(発行日から3ヶ月以内の原本。法人は法務局発行の印鑑証明書、個人は市区町村発行の印鑑登録証明書)
  • 登録印(法人は代表者印、個人は実印)
  • GビズIDプライム登録申請書(GビズIDホームページ上で作成し、ダウンロード・印刷したものに押印をしたもの)

事業再構築補助金申請のための「GビズIDプライム」の申請方法

  1. スマホ、携帯電話、印鑑証明書、登録印、パソコンを用意
  2. パソコンからGビズIDホームページにアクセスし、「GビズIDプライム作成」をクリック
  3. 必要事項を記入
  4. 規約確認後に「申請書作成」をクリック
  5. 申請内容を確認し、問題がなければ「OK」をクリック
  6. 申請書をダウンロードし、印刷
  7. 申請書に記入押印し、印鑑証明書と一緒に郵送
  8. 不備がなければ2週間程度でメールが到着
  9. メールに記載されたURLをクリックすると、ワンタイムパスワードがスマホ・携帯電話に送付される
  10. 届いたワンタイムパスワードをパソコン上で入力
  11. これから利用するパスワードを設定

公式の動画でもわかりやすく解説しています。

事業再構築補助金の申請を検討している人への注意事項

下記の点に特に注意をして、GビズIDプライムを申請してくださいね。

  • とにかく早めに申請をすること(審査が混雑すると、標準審査期間の2週間では発行されない場合もあります)
  • 間違って「GビズIDエントリー」に申請しないこと
  • ホームページで申請書作成をする際、必要事項の記載を印鑑証明書の記載と一致させること(一致していなければ審査で不備と判断される可能性があります)
  • 手書き修正は無効なので、記載内容に誤りがある場合は必ず申請手続きをやり直すこと
  • 不備がなければ2週間程度でメールが到着するが、メールには有効期限があるので、必ず有効期限内に登録申請を完了させること(有効期限をすぎると再申請が必要です)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【5/24更新】令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」の2次公募が開始になりました。事業再構築補助金とは、予算総額1兆円超、1社あたり補助金交付額100万円~1億円、補助率2/3という大型補助金です。このページでは「事業再構築補助金」の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【3/3更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「も ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 事業再構築補助金, 融資・補助金

© 2020 Management Office Imamura Ltd.