補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

エモブロ ブログ

ある管理職を褒めたらキレられた。それは現実と現状を無視したぼくがうかつだったから。

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

仕事の失敗談告白ブログです。コンサルティングをした企業で、ぼくがうかつなことをしてしまったために起きたあるトラブルについて告白します。ある管理職を褒めたらキレられたのです。

スポンサーリンク

「人前で褒めるな」とキレられた

ある会社で、3S活動の導入支援をしはじめたばかりのころの話です。その会社の3Sの実態を、現場をみたりヒアリングをしたりして確認をしたのですが、ある管理職の持ち場がとてもきれいに整っていました。いや、「きれいに整っていた」というレベルではなかったんですよ。3Sがほぼ完璧にできていたのでぼくもびっくりしたんですね。

そのことを、全社員が集まる3Sキックオフのときに、ぼくは

「○○さんのグループの3Sは本当によくできていました。よその会社でもここまで整理整頓できている現場はあまりありませんよ。これを参考にして、みなさんもこれから3Sをがんばってください」

みたいなことを、全社員に対して話したんですね。

ミーティングが終わり、解散となってみなさんが三々五々と現場に戻っていくとき、くだんの管理職の方がぼくに歩み寄って、語気を強めてこう言いました。

「おいちょっと、みんなの前で褒めるなよ。」

と、相当ご立腹でした。

キレたのは職場の人間関係を懸念しているから

そういうことを言われると思わなかったので、ぼくはかなりびっくりしたんですよ。だから根掘り葉掘り聞いてみたんですよね。ふつうは褒められたらまんざらでもないのはずに、なぜ褒められたらキレるのか、興味があったんですよ。(もちろんそんなことはダイレクトには言わず、すみませんね、何がお気に召さなかったのですか、みたいなトーンで聞きましたけど)

すると

「ああいうことを言われると、またみんなから『あいつはいつも、いい子ぶりやがって』と言われる」

みたいなことを漏らしていました。

中小企業の現場ではよくある話ですが、管理職といっても現場の第一線の従業員とは職制上の差がなく、実態はフラットな場合があります。新参者のぼくにはわからない人間関係があったのかもしれません。

もう一つ理由があるとすると、この会社でぼくは(というか3S活動自体が)あまり歓迎されていなかったのです。3S活動を始めるときに、この管理職の人とも個別の面談をして、3Sについての現状をヒアリングしたことがあったのですが、この管理職の方は最初から、明らかに不服そうな表情で面談に来られました。(しかも不機嫌さをダイレクトにぶつけてくる)

面談の場で、この管理職の方は、こういう話をぼくにしました。

「私たちはちゃんと3Sをやっています。例えば工具の置き場や置き方も、作業の導線などを考えて、ここがベストだと思うところに置いています。しかしたまにしか現場にこない社長が『なんでこの工具がここに置いているんだ。片付けろ』と言ったりします。そんな活動を今後もやるんだったら拒否します。」

こうした発言の根底には、経営者への不信感があるのだと思います。この管理職さんも含めて、現場のみなさんがそうした経営者への不信感を共有するなか、社長が連れてきたどこの誰だかわからないコンサルタントにいきなり褒められたらどうなるでしょう。「コンサルタントに懐柔されたのでは?」と同僚に誤解されることを懸念したんじゃないかと思います。

ぼく自身にも「褒めておけばまんざらでもないだろう」という打算があったのも事実

正直に言うと、ぼく自身にも「褒めておけばまんざらでもないだろう」という打算があったのも事実です。前述の通り、この管理職さんは当初、ぼくに敵意を剥き出しにしていました。だからみんなの前で褒めて、ちょっとでも気をよくしてもらおうと思っていたのも否定はしません。ぼくのそうした見え透いた手口に腹が立った、という理由もありそうですよね。

その考えは確かに安直でした。褒めるということは何にでも効果的なワイルドカードではないんですよね。最初から敵意を剥き出しにするような複雑な背景を持つ会社だからこそ、安直な手に頼らずに、もっと慎重に社内の人間関係を紐解くべきだったのです。

後知恵ですが、この会社ではすでに現場が独自の考えで3Sに取り組んでいたので、彼ら自身が何を3Sで目指しているのか、そして彼ら自身が直面している3Sの課題や問題は何かという、彼らの現実に焦点を当ててコミュニケーションをすべきだったと思いますね。そうした彼らの現実と現状を汲み取ることなく、「褒めておけばまんざらでもないだろう」と安易な考えに走ったぼくが、支援者としてはダメだったのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

10分でわかる事業再構築補助金 1

【4/5更新】令和3年度補正予算「事業再構築補助金」の6次公募が開始になりました。2年目を迎え、制度が大きく変わった事業再構築補助金ですが、このページではの全容を10分でわかるようにまとめて解説します。

2

【2022/4/2更新】2022年(令和4年)2月16日から、令和元年度・3年度補正予算として「ものづくり補助金」公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできる ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-エモブロ, ブログ

© 2020 Management Office Imamura Ltd.