補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

エンゲージメント ブログ

パフォーマンスを高める よい「休み方」とは?(リカバリー経験)(1)

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

エンゲージメント向上のための理論の一つである「リカバリー経験」理論について解説をします。「リカバリー経験」とは「従業員を休ませたらやる気が回復する」という当たり前の理論です。初回の今回は「リカバリー経験」という理論についてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

動画でも解説しています(無料・登録不要)

「エンゲージメント」とはなにか?(復習)

まず「エンゲージメント」とはなにか?という復習からやりましょう。

エンゲージメントの定義は様々ですが、ここに書いている経団連の定義が、我々日本人にはわかりやすいかと思います。読んでいただければわかると思いますが、要は、会社のことについて当事者意識みたいなものをもって、会社に貢献しようという気持ちのこと、といったらよいでしょうかね。

働き手にとって組織目標の達成と自らの成長の方向性が一致し、『働きがい』や『働きやすさ』を感じられる職場環境の中で、組織や仕事に主体的に貢献する意欲や姿勢を表す概念

(経団連『2023年版経営労働政策特別委員会報告』 経団連出版, 2023年, 5ページより引用)

エンゲージメントを高めるにはどうすればいいの?ということですが、ここに書かれている「仕事の要求度-資源モデル」と「リカバリー経験」、そして「心理的安全性」の3つが、エンゲージメントを高めるためのキーワードだと思っています。今日はこのうち「リカバリー経験」について詳しく見ていきたいと思います。

「リカバリー経験」とはなにか?

リカバリー経験の考え方はすごくシンプルです。「リカバリー経験」についての理論は、2007年にゾネンターグさんとフリッツさんという研究者が発表した考え方です。

仕事をすると疲れたりストレスが溜まったりするというのは、みなさんよく実感を伴って理解されていることだと思います。疲れると当然、元気がなくなりますよね。 元気がなくなると仕事をする気にもならないので、休みを取るわけですよね。これが「リカバリー経験」ですね。そうすると、元気が戻ってくるので、またしっかり働けるようになる……つまりワークエンゲージメントが回復するということですね。

まあこうやって冷静に見ると「当たり前じゃないか」とか「これのどこが最新の研究なんだ」と思われるかもしれませんが、この当たり前のことを、ワークエンゲージメントと関連付けて、調査を通じて統計的に確認したというところに意義があります。

さらにいうと、リカバリー経験を4つに分類して、その分類ごとにワークエンゲージメントとの関連を調べたというところにも特徴がありますかね。その4つというのは、心理的距離、リラックス、熟達、コントロールでして、これらはいわば休みの日にどう休むか、という休み方を示したものだと考えるとよいでしょう。

明日はリカバリー経験が示す4つの休み方について詳しく解説します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

「事業再構築補助金」は制度開始から3年目を迎えました。多くの中小企業に知られるようになった事業再構築補助金ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。 「事業 ...

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-エンゲージメント, ブログ

© 2020 Management Office Imamura Ltd.