当ページの内容は、執筆時点に公表されている情報に基づく、当社の予測を含みます。したがって、当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募開始時に公表される公募要領を確認してください。当社は、このページの情報について保証を行いません。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページに記載されている情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ

IIJのeSIM対応が待ち遠しいスマホ難民が、mineoにMNPをしました

投稿日:2019年2月6日 更新日:

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

先週末に、10年近く契約していたソフトバンクの携帯電話サービス(音声のみ)を、mineoにMNPしました。実はこの半年ほど、理想のスマホ運用の姿を求めて難民よろしくさまよっています……。

スポンサーリンク

僕以外の人には全くどうでもいいスマホ運用の悩み

この半年ほど、理想のスマホ運用ができずにいろいろとさまよっているのです。ちょっと状況をまとめました。これだけでもややこしそうでしょ?

もともとはAndroid機でDSDS運用をしていて全く問題がなかった

僕は個人用の携帯契約と仕事用の携帯契約を分けています。2台持ちするのが邪魔くさいので、かれこれ数年にわたり、ずっとAndroid機でDSDS運用をしていました。直近ではHuawei P20 Proを使っていました。これで全く問題なく便利に使っていたんですよ。

03Plusというバーチャル固定電話(クラウドPBX)サービスを使うようになってから難民生活が始まる

ところが、仕事上で固定電話番号を持つ必要性がでてきたのです。そこで03Plusというサービスを利用するようにしました。これも非常に便利なサービスです。固定電話の番号が取得できるのですが、実際に固定電話機をどこかに設置する必要がありません。固定電話に着信したコールは、スマホの専用アプリで受信できるのです。これ、本当に便利なサービスです。

しかし03Plusが動作確認をしている端末というのは限られています。僕が利用していたHuawei機は動作確認ができていない端末でした。それでも利用はできるだろう……とたかをくくっていたのですが、実際のところ、通話はできてもエコー等がひどく、仕事での利用には耐えられないことがわかりました。

当社、もうすぐ移転します!固定電話をスマホで運用する"03Plus"レビュー(音質・使い勝手編)

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 昨日に引き続き、バーチャル固定電話 ...

続きを見る

03Plusには様々な動作確認端末がありますが、どうもiPhoneでの運用を念頭に置いているのか、iPhoneがもっとも新機種対応が早いのです。ほぼ新機種リリースと同時に動作確認済みとして告知されます。というわけで、iPhoneにしなきゃダメかなあと思っていたのです。

最新のiPhone XR/XS/XS MaxだとDSDS運用ができる!

おりしもiPhoneは新機種が出たばかり。しかもXRやXSという端末は、eSIMという新技術を使ったDSDS運用ができるというのです。残念ながらeSIMのサービスは日本では行われていませんが、近々始まるかもしれないという期待で、iPhone XSを購入しました。

昨年9月の時点では、ソフトバンクも「eSIMに対応予定」というコメントを出していましたし、IIJも「2019年春にサービスイン予定」という公式コメントをだしていたんですよね……。

というわけで9月の時点では、すぐにeSIMでのDSDS運用はできないだろうけど近いうちにきっと……という期待ができたんですよね。。

暫定措置としての2台持ち運用

しかしeSIMのサービスインまで時間があるので、暫定措置として2台持ちの運用をするようにしました。家に眠っていたiPhone 6Sと、新たに購入したXSでの運用です。(暫定措置①の図)

しかしこれだと、仕事用の番号で発信するためには必ずiPhone 6Sで発信をしなければなりません。2台持ちの不便さはあるし、どれで発信をするんだっけ?と混乱することもあり(間違えて個人用の番号で発信することもしばしば)、運用としてはスマートではありません。

SB音声のみのサービスを、データ通信もできるようにして、XSに差し替えるということも検討しましたが、ソフトバンクショップで確認すると「うちではできない。量販店ならできる」などと意味不明な供述があったりで、ストレスを抱えていました。(ソフトバンクショップでは、端末数とSIMの数が一致するように管理しているとの説明でした。SIMだけの変更というのはそもそもソフトバンクモバイル本社のターゲットではないのでしょう)

暫定措置② MNPでmineoに変える

というわけで、ソフトバンクをやめて、mineoにMNPしました。決め手は「アプリを使わないキャリア通話での通話定額サービスがある」ということでした。MVNOの場合、アプリを通じた通話割引サービスはどこでもやっているのですが、アプリを使わない(≒キャリア通話)での定額サービスをしているところってほとんどないのです。UQ MobileとmineoとY!Mobileくらいじゃないですかね。

UQ MobileはCDMA2000のau網なので論外(海外出張の時にネットワークがぜい弱)。Y!MobileはソフトバンクからのMNPだと割高になるので、事実上mineo一択でした。

mineoにするにあたっては、初期費用がお得になるエントリーパッケージをamazonで買いました😊

これで仕事上ではだいぶ利便性が向上しました……が、まだ理想の姿ではありません。

早くIIJがeSIMサービスを開始してくれたらよいのですが……

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

当社の平成31年ものづくり補助金支援について
平成31年実施ものづくり補助金1次公募第1次締切については、支援受付をすべて終了いたしました。1次公募第2次締切につきましても、お申込み多数のため、受付をいったん停止しております。キャンセル等が出れば当ホームページにて告知を行います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

ものづくり補助金申請書当社オリジナル記入例のダウンロード販売はこちらから!

おすすめ人気記事

1

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 平成31年(2019年)にも、平成 ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 今年度(平成29年度補正・30年度 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村です。 8/27の日刊工業新聞で、平成31年度 ...

-ブログ

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(兵庫県・神戸市) , 2019 All Rights Reserved.