補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

当社の「事業継続力強化計画」が認定されました(近畿経済産業局管内初)

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

昨日(9/5)、近畿経済産業局のプレスリリースがあり、当社が(事業者として)提出した事業継続力強化計画が、近畿経済産業局内で初となる認定をうけました。

スポンサーリンク

近畿経済産業局のプレスリリースはこちらです

投函・受理日から認定までの日数はちょうど45日

当社(マネジメントオフィスいまむら)は7/19に事業継続力強化計画の申請書を投函しています。以来、2度の修正依頼を受けていますが、受理日と思われる7/22からちょうど45日で認定されました。事業継続力強化計画の手引きに書かれている標準処理日数が45日ですから、45日となるタイミングを見計らって発表されたのでしょう。

日付受理日からの日数出来事
7/19-3投函
7/220近畿経済産業局着(≒受理日?)
7/264修正依頼①
7/275修正版投函①
7/297修正依頼②
7/297修正版投函②
9/545認定

初めての認定だから45日かかったのか?それとも今後の申請もやはり45日かかるのか?

正直な感想としては、標準処理日数の45日もかかるとは思っていませんでした(もっと早く認定が出ると思っていました)。というのも、同じく各地域の経済産業局に提出する経営力向上計画は、標準処理日数が30日だと手引きに書かれていますが、実際は申請の85%が2週間以内に認定されるというデータがあるからです。

経営力向上計画の認定にかかる日数。85%が2週間以内に認定

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 ものづくり補助金の加点項目を満たすために、このたび経営力向上計画の認定をとろうとしている企業も多いのではないでしょうか? どの程度の日 ...

続きを見る

今回当社が受けた事業継続力強化計画の認定は、法成立後、管内で初めての認定だったので、標準通りの日数(45日)かけたのかもしれませんし、今後の申請はもっと早く認定されるのかもしれません。でも、そうではないかもしれません。今の段階では何とも言えませんが、今後データを集めて、また当社ホームページで公開したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

更新情報(9/12) ものづくり補助金・超基礎編の動画を公開しました。登録不要でご覧いただけます。もちろん無料です! 更新情報(9/9) 2019年実施ものづくり補助金2次公募オンラインセミナー&オリ ...

2

更新情報(9/12) ものづくり補助金・超基礎編の動画を公開しました。登録不要でご覧いただけます。もちろん無料です! 更新情報(9/9) 2019年実施ものづくり補助金2次公募オンラインセミナー&オリ ...

3

更新情報(9/12) ものづくり補助金・超基礎編の動画を公開しました。登録不要でご覧いただけます。もちろん無料です! 更新情報(9/9) 2019年実施ものづくり補助金2次公募オンラインセミナー&オリ ...

-ブログ, 融資・補助金

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(東京・神戸) , 2019 All Rights Reserved.