補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ

【中華アウトドアブランド】WIDESEAのチタンマグカップ購入レビュー

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

先日、AliExpressで、WIDESEAという中華アウトドアブランドのチタンマグカップを購入しました。国産ブランドであるsnow peakのチタンマグも持っているんですけど、それとの違いを中心に購入レビューします。

スポンサーリンク

中華アウトドアブランド"WIDESEA"とは

杭州に本社のあるアウトドアブランドのようですね。なかなかおしゃれなホームページを持っています。

WIDESEA300mlのチタンシングルマグのお値段をsnow peakと比較

WIDESEAの製品は、日本のアマゾン(amazon.co.jp)でもマケプレ商品ですけど購入することができます。ぼくはAliExpressで購入しました。購入時のレートで、送料含めて1,978円でした。2月12日に購入して、手元に到着したのが2月17日です。最近のAliExpressは配達もめちゃくちゃ早いんですよね。(15-day deliveryの場合)

ちなみにsnow peakの300mlのチタンマグは、公式サイトでもアマゾンでも税込み3,190円でした(公式サイトの場合、5,000円未満の購入ならば、別途送料がかかる)。

 

WIDESEAのチタンマグカップ開封の儀

というわけで届いたパッケージを開封していきます。まずは外箱。

現物がこちら。ぱっと見はsnow peakのとあまり変わりません。取手の構造もほぼ同じですが、取手がsnow peakのよりもゆるい気がしますね(というかこれ、意匠として大丈夫なのか……?)。

裏面がこちら。メモリがプレスされてますけど、これはsnow peakにはありませんね。ミリリットル表示のほかに、まさかのオンスの表示!!2.5オンスと6.0オンスが刻まれています。メモリがあるのは賛否が分かれるかもしれませんね。個人的にはちょっと安っぽいなと思ってしまいました。

上から見た様子がこちら。きれいな円になっています。飲み口が外側に向かって丸くなっているのもsnow peakと同じです。

重さはWIDESEAもsnow peakもほぼ同じ50g

WIDESEAの重量は、公式で50g、実測で51gでした。まあ誤差の範囲でしょう。

snow peakは、公式サイトでは50gとなっていますね。当然ですが、持った感じとしては全くといっていいほど同じに感じました。(そりゃそうだ)

総評:自分で好きに使うのであればWIDESEAでも全然よい

個人的にはsnow peakにも思い入れがあるわけではありません。見た目も手触りも持った感じもどちらもほぼ変わらないというのが正直な感想ですので、自分で好きに使うのであればWIDESEAでも全然よいなと思いました。WIDESEAのほうが値段が1,200円くらい安いですしね。

でも似過ぎじゃないかな?大丈夫かな……?(ドキドキ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

「事業再構築補助金」は制度開始から3年目を迎えました。多くの中小企業に知られるようになった事業再構築補助金ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。 「事業 ...

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ

© 2023 Management Office Imamura Ltd.