補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 士業DX

新幹線のS Wi-Fi for Bizでリモートデスクトップしてみたけどやっぱり速度が遅すぎた

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

こないだ出張のとき、新幹線のS Wi-Fi for Biz(新幹線の速いWi-Fi)が使える車両に乗ったので、リモートデスクトップの運用に耐えられるかどうかを検証しました。結論としては、やっぱり遅くて使えない、という結果でした。

スポンサーリンク

新幹線のS Wi-Fi for Bizとは?

新幹線のS Wi-Fi for Bizとは、JR東海公式のページによると、こういうサービスです。

ご覧のようにS Wi-Fi for Bizは従来の「Shinkansen Free Wi-Fi」の約2倍の通信容量!とうたっていますが、もとの「Shinkansen Free Wi-Fi」が遅すぎるからなあと思いながら、試してみることにしました。

(ちなみに従来の「Shinkansen Free Wi-Fi」についても、過去にこのような記事を書いています)

新幹線のフリーWi-Fiでリモートデスクトップしてみた結果……?

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 新幹線のフリーWi-Fiで、事務所のOpenVPNサーバに接続し、事務所のPCにリモートデスクトップしてみました。実用に耐えうるかどう ...

続きを見る

S Wi-Fi for Bizのスループットはどのくらいか?

S Wi-Fi for Bizのスループットを、fast.comとGoogle謹製のスピードテストで試してみました(測定は新神戸~岡山間で、相生あたりの高速運転中)。結果は以下の通り。

まずはfast.com

そしてGoogle謹製のスピードテスト

なんどか測り直してみたんですが、だいたいこんな感じなんですよね。岡山駅に停車中も試してみましたが、あんまり変わりませんでした💦

まあ従来の「Shinkansen Free Wi-Fi」も、高速運転中だと1Mbpsくらいしかでないときがザラでしたので、そういう意味では確かに「2倍」くらいにはなっているのかもしれませんね。

S Wi-Fi for BizでVPNを張ってリモートデスクトップでの接続先PCにpingを打ってみる

VPNを張り、事務所のVPNサーバと事務所のPC(リモートデスクトップでの接続先)にpingを打ちました。

初撃に710msと出るのはまあ仕方ないとして、何度かやりなおしてみましたが、だいたい100ms程度ですね。これも従来の「Shinkansen Free Wi-Fi」で以前検証した結果とあまり変わりません。(まあpingはそう変わらんだろうな…と思ってましたが)

S Wi-Fi for Bizでのリモートデスクトップ使用感

こういう条件ですから、やっぱり遅延がひどすぎてストレスが半端ないですね。使えるレベルではありませんでした。

ところで従来の「Shinkansen Free Wi-Fi」は30分に1回の切断があるのに対し、S Wi-Fi for Bizは切断がないらしいのですが、実際の使用中にはよく接続が切れていました。仕様としては強制切断しないのでしょうけど、ネットワークの何らかの問題で切れてしまうのだと思います。従来の「Shinkansen Free Wi-Fi」も、体感的には5~6分に1回は切れる印象でしたが、S Wi-Fi for Bizも似たような感じでしたね。

まあ新幹線の中ではやっぱり、LTEか5Gで仕事しろ、ってことですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

「事業再構築補助金」は制度開始から3年目を迎えました。多くの中小企業に知られるようになった事業再構築補助金ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解説します。 「事業 ...

2

「ものづくり補助金」は制度開始から11年目を迎えました。中小企業政策で最もよく知られているといってもいい「ものづくり補助金」ですが、このページでは2023年の制度の全容を10分でわかるようにまとめて解 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

-ブログ, 士業DX

© 2023 Management Office Imamura Ltd.