補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

ものづくり補助金1次公募早期審査分採択発表 当社支援5社中2社採択でした

投稿日:

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

昨日(3/22)、平成30年度補正ものづくり補助金1次公募の早期審査分(1次締切)の採択発表がありました。当社は5社支援したのですが、採択されたのは2社にとどまりました。これが当社の偽らざる実力です😓 速報として過去の公募との比較をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

全国採択率は29.9%

中小企業庁の発表では、応募総数と採択者数は次の通りでした。これから計算すると、全国採択率は29.9%ですね。

平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」については、平成31年2月18日(月)から平成31年5月8日(水)まで公募を行っていますが、平成31年2月23日(土)までに応募のあった1,111者については早期に審査を行い、332者を採択しました。

小規模型のほうが採択率が高い?

一方、3/22付けの日刊工業新聞の記事では、類型別(一般型と小規模型)で数字が示されています。

18年度1次公募での早期審査分の申請者は1111件。採択状況の内訳は、一般型(補助上限1000万円)が868件の申請に対し採択が250件。小規模型(補助上限500万円)は243件の申請に対し82件を採択した。クラウドファンディングにより資金調達したことで、審査の加点を得た事業者は332件中4件あった。

この数字を信用するならば、一般型の全国採択率は28.8%で、小規模型の全国採択率は33.7%です。まあ、ギリギリ誤差の範囲ってところでしょうかね。(検定までやる余裕がない)

過去の公募との比較

過去の公募と比較をしてみました。

公募1日当たりの応募数が222件であり、平均よりも少ないとはいえ、昨年の2次公募での平均を上回っています。公募期間が5日間にしては、まずまず申請数があったといえるでしょう。

採択率が29.9%と、過去の平均よりも低いのには理由がある

過去6年間の公募の総平均では、採択率は40.8%です。それに比べると29.9%という今回(早期審査分)の採択率は低く見えます。

これには明確な理由があります。公募と同時に下記の文章が公表されましたが、ここにははっきりとこう書いていますね。

具体的には、3月に発表を予定している第一次締切応募分の審査では、評価が特に高い案件のみを採択することとし、ここで採択されなかった案件は、点数を持ち越して第二次締切応募分と一緒に審査を行います。

というわけで、今回採択された案件は、特に評価が高かったものということですね。(それにしては採択率29.9%というのは、平均と10ポイント程度しか差がないので、「特に高い」とまでは言えないようにも思えますが)

 

このような中、当社は5社支援したうち、採択が2件にとどまりました。これが当社の実力です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無料経営相談(東京・神戸)受付中

最近の人気記事

1

更新情報(8/20) 令和元年・2019年実施(平成30年補正)ものづくり補助金2次公募が開始となりました。2次公募に関する詳しい情報は下記のページをご覧ください。 おはようございます!マネジメントオ ...

2

更新情報(8/20) 令和元年・2019年実施(平成30年補正)ものづくり補助金2次公募が開始となりました。詳しくは下記のページをご覧ください。 おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村 ...

3

更新情報(8/20) 令和元年・2019年実施(平成30年補正)ものづくり補助金2次公募が開始となりました。 www.chuokai.or.jp平成30年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促 ...

-ブログ, 融資・補助金

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(東京・神戸) , 2019 All Rights Reserved.