補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ

目標などなくても、成長しなくても、自分はなんとかなる

更新日:

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

今日もエモいブログで飛ばしていきます😉目標に向かって努力する人が素晴らしく、そうでない人はダメな人、というのが一般的な考え方のように思いますが、僕は最近「目標なんてどうでもいい」という気持ちになっています。

スポンサーリンク

割と「こうありたい」姿を達成してきたのだが……

別に自慢をするつもりはないのですが、僕は「こうありたい」と思った自分を、割りと実現してきました。例えば、中・高校生くらいのころから20代のころまで、外国語を駆使して海外を飛び回るビジネスマンというものに強烈にあこがれていました。それを実現するために、英語を専攻とする大学に進学したいと思っていて、だから中高時代は一生懸命に英語を勉強して、めでたく外大に合格することができました。「ありたい姿」から逆算して、自分は何をすべきかを決める。子どもとはいえども、なかなか「合理的」な考えじゃあないでしょうかね。

で、念願かなって、第一志望の学校に入学することができたんですよ!しかし間もなく、海外熱は急速に冷めていきました😅

理由は単純。僕よりも英語ができる人、海外経験が豊富な人が、同じ学部にはゴロゴロしていましたからね。彼らに並び立つのは「無理」と思ったのでしょう。で、僕が次に目をつけたのはIT。当時、ウインドウズ95が発売されたばかりで、インターネットも普及しはじめたばかり。これからは情報化の時代で、マルチメディアだのインタラクティブだの言われていた。

そうして僕は、情報通信系の企業に就職したいと思い、一生懸命にバイトをして、溜めたお金で高額なパソコンを買った。簡単なホームページなんかを作って公開もしたりして、そういうのをアピールして、情報通信系の大企業に就職することができたんですよ。

しかしまた同じように、ネットやらパソコンやら情報システムとやらには、一切興味が持てなくなった訳ですよ……😫その理由もやはり「ここには自分よりもデキるヤツがたくさんいる」からだったりするわけです。ほどなく自分に揺り戻しがおき、「やっぱり英語しかない」という気持ちが再度湧き、やがて情報通信系の企業もやめてしまうのだった😅

で、外資系企業に就職したのですが、やっぱりそこも数年で辞めてしまいます。そして今度は「中小企業診断士しかない!」と急に思い立って、そこに向かって全エネルギーをぶっこむわけですね。

目標達成をするとブレブレになる

僕は何かの目標を立てると、かなりエネルギーを発揮し、一気呵成に目標を達成してしまう。それだけを見るとすごい人のように思えるが、達成した後はブレブレなんですよ。ブレてまた何かの目標を立て、そしてまたブレることを繰り返してしまっている。

目標設定能力がザルというか、目標を達成することが目標になっているというか、目標を達成しても他者と比較して勝手に劣等感を抱いているというか、とにかく目標を達成したからといって、幸せになっていないのが僕の人生。確かに目標に向かっている時のエネルギーはものすごい。達成感もひとしお。しかしそれは一瞬のことに過ぎないとわかってしまった感じがある。

「ここではないどこかへ」と思うところから苦悩が始まる

ある時冷静に考えてみて、「もしかしたら目標が自分自身を苦しめているんじゃないか?」と思うようになった訳です。「ここではないどこかへ」と思うところから、僕の苦悩が始まってるんです。過去を後悔し、現在に不満を持っているので、全てを精算してゼロから未来を作ろうと、目標達成に全てをかけてしまっているんですね。

しかし足元がふらついてるから、目標を達成しても満足できない。そこにたどり着いてしまったらどうなるのかは、自分にもわからないまま、ただやみくもに目標を追い求めているだけ。でもそれじゃ永遠に「これでいい」と満足できないわけで

ということで少なくとも僕は、目標に向けて成長するということに疲れたし、飽きてしまったんですよ(自分の目標設定能力に信頼をなくした、と言いかえてもよい)。

目標などなくても、成長しなくても、自分はなんとかなる

目標に向かって努力をしている最中は、目標を持たずに過ごしている人を見て、イライラしたり小馬鹿にしたりもする。努力を重ねても進歩が見られない時には、果てしない自己嫌悪と戦わなければならない。目標を達成した人を見ると嫉妬もする。目標に取り組んでいる自分を誰かに認めてもらいたいという気持ちや、認めてもらえない時の怒りが自分をさらに苦しめる。

そこまでして目標を達成しても喜びは一瞬であり、僕はすぐにブレてしまい、幸せにはなれない。

「もっと高い目標を掲げて、ポジティブに、困難に負けず、いつも立ち上がり、理想の状態を求める。現状に満足するな。高みを目指せ。」

そういう意気込みは耳障りがよいですが、はっきり言って個人的にはどうでもいいんですよね😅

そういうわけでいう今は「目標などなくても、成長などしなくても、自分はなんとかなるのだ」と今この瞬間を肯定しながら生きるようになったのですが、そのほうが僕はよほど幸せに生きられるように思います。

前向きなみなさんは、くれぐれもこんな後ろ向きな僕にコンサルティングを頼まないように!😉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無料経営相談(東京・神戸)受付中

最近の人気記事

1

更新情報(5/18) 令和元年・2019年実施ものづくり補助金2次公募の概要・書き方等について分析を始めました。下記のリンクをご確認ください。 おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦 ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 ものづくり補助金1次公募の採択発表がありましたが、まもなく2次公募も始まる見込みです。2次公募ではどの程度の採択率となるでしょうか。1 ...

3

更新情報(8/7) 中小企業庁・全国中央会のホームページで、2次公募の事前予告資料が公開されました。  www.chuokai.or.jphttps://www.chuokai.or.jp/ ...

-ブログ

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(東京・神戸) , 2019 All Rights Reserved.