ブログ

ANA Wi-Fi サービスが意外と快適だった

投稿日:2017年11月23日 更新日:

昨日、「経営力向上計画作成セミナー」の講師をするために、沖縄に行きました。無事に仕事を終え、飛行機に乗りこむと、なんと機内でWi-Fiが使えるじゃないですか!

ANAでは2016年から一部路線、一部機体で、機内Wi-Fiサービスをやっています。

機内Wi-Fiは衛星経由の接続なので、通信速度に不安があったのですが、思ったよりも快適に使うことができました(^o^)

スポンサーリンク

ANA Wi-Fiサービス費用

料金プラン接続時間料金必要マイル
ANA Wi-Fi 40分プラン40分550円550マイル
ANA Wi-Fi フルフライトプラン離陸の約5分後から着陸の約5分前まで1050円1050マイル

ANAのサイトを見ると、利用データ量が15MBを超えると、一時的に回線スピードが遅くなるそうです。15Mbじゃなくて、15MBね。

サービス対象機種

機体の入口、壁面に「ANA Wi-Fi Service」ステッカーが貼られた機体が対象便だそうです。私が搭乗したのは、那覇から関空行きのB737-800でした。往路(関空から那覇行き)の機体はB737-700だったのですが、こちらではサービスは提供していませんでしたね。

公式のアナウンスによると、接続機器を装着している一部の機材による運航便でのみ、ご利用いただけるサービスだそうです。サービス対象となる便は、装着機材の運航状況より変わるため、事前にお知らせすることができないのだとか。

さて、使用感はどうか

"ANA Wi-Fi"というSSIDに接続し、ブラウザを開くと、ログイン画面が出ます。私はANAのユーザー登録をしていなかったので、ユーザー登録をした上でクレジットカード情報を入力しました。

支払いが終わると、下記のような画面がでます。これで接続完了ですね。簡単な手続きでした。

 

これがポータル画面です。「衛星通信可能」と出ていますね。

 

15MBに達すると通信制限がかかるということだったので、BNRスピードテストをしてみました。結果は、下りは654Kbpsでした。地上の有線接続と比べるとべらぼうに遅いですが、ビジネスマンが機上でメールを送受信したり、資料作りのためにちょっとWebで調べ物をする程度であれば、問題なく使えるレベルでした。ちなみに私は、Webで調べ物をしながら次のセミナー資料の作成をしていました。

ネットが使えないと、機上でできる仕事の幅が狭くなってこまっていたのですが、時間を有効に使えて大変助かりました。でも、那覇線や札幌線といった、搭乗時間が2時間以上かかるフライトじゃないと、ちょっともったいないかなあという気もします。

Google謹製のスピードテストがでない

最近、Googleがスピードテストサイトをはじめたようで、それに接続して下り速度を計測しようと思ったのですが、何度やっても検索でひっかかりませんでした。ANA Wi-Fiの衛星通信は日本[jp]に割り当てられたIPアドレスじゃないのかもしれません。(Google側で、海外からのIPアドレスだと表示しないように設定しているのかも)。まあ衛星ですから仕方ないですが、海外からのアクセスを制限しているサービスは、ANA Wi-Fiからは利用できないかもしれませんね。

 

スピードも心もとなく、アクセスにも一部制限があるかもしれませんが、大満足のサービスでした\(^o^)/

プレミアムクラスだったので、機内食も美味しくいただきました。

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

imamura-net googleアドセンス用336px

スポンサーリンク

平成31年実施 ものづくり補助金対策セミナーの詳細・お申込みはこちらから!

ものづくり補助金・先端設備等導入計画・経営力向上計画 当社支援内容はこちらから!

おすすめ人気記事

1

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 どうやら今秋、臨時国会が開かれて、 ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 昨日、今年度(平成29年度補正・平 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 生産性向上特別措置法案(生産性革命 ...

-ブログ

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(兵庫県・神戸市) , 2018 All Rights Reserved.