補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

エモブロ ブログ

今の世の中は必ずしも不寛容社会ではないなあ

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

不寛容社会だと言われる昨今。たまには、ほっこりするエピソードを紹介したい!ということで、先日僕が体験した、心温まるエピソードを紹介します😉

スポンサーリンク

電車の中の妊婦さん

ある日、仕事でお客さんのところに行くために電車に乗っている時(立って乗っていた)、ひとりの妊婦さんが向こうのドアのあたりに立っていたんですよ。

僕は「あっ、妊婦さんが立ってる!」と気づいたのですが、車両のどこにも座席は空いていません。う~ん、これは仕方がないなあと思っていたところ、近くにいた30歳前後の若いサラリーマン(この人も立って乗っていた)が、座席に座っている40歳前後の男性に対して

「すみません。妊婦さんが立っているので、席を譲ってはいただけないでしょうか」

と一言。

席を譲ってくれた男性も気持ちのよい対応

僕は、ちょっとヒヤヒヤしながらその成り行きを見ていました。

すると、声をかけられた、座席に座っている40歳前後の男性は

「すみません。気がつきませんでした。どうぞどうぞ」

と笑顔で席を譲ってくれるではないですか😄

そして、恐縮しながらも、譲ってもらった席に座る妊婦さん。

傍観していた自分が恥ずかしい😫

妊婦さんに気づきながらも、何の対応もできなかった僕自身が恥ずかしくなると同時に、電車の中で勇気を出して「席を譲ってください」と声をかけた男性。そしてそれに快く答えた男性。

不寛容社会だと言われるなか、まだまだこの世の中は捨てたもんじゃないなあと、嬉しくなりました。

次に僕が同じシチュエーションに遭遇したら、男性と同じことができるでしょうかね💦

いや、やらねばなるまい。

顔出しSNSやブログでエモいこと書く度胸はあるのに、「席を譲ってください」と声をかける勇気が出ないというのは筋に合わないですもんね😉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

【7/6更新】2020年(令和2年)3月10日から、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」の公募が開始されました。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「も ...

2

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 先日、納税地の所轄税務署から「消費税課税事業者届出書の提出について」という文書がきました。個人事業主は、ある期間の課税売上高が1,00 ...

3

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 流行の兆しがみられる新型コロナウイルスですが、生産性革命推進事業(ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金)において、新型コロナ ...

-エモブロ, ブログ

Copyright© 株式会社マネジメントオフィスいまむら(東京・神戸) , 2020 All Rights Reserved.