補助金に関連する当ページの情報について
当ページの記載事項に基づいてすべてを判断せず、必ず公募要領を確認してください。当社ページの見解に従った結果、不採択となった場合も、当社は責任を負いかねます。このページの情報や見解は、予告なしに変更することがあります。

ブログ 融資・補助金

【平成29年度補正】ものづくり補助金1次公募の採択発表日は6月××日だと予測する

https://imamura-net.com

おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。

ものづくり補助金の1次公募が終わり、10日ほど経ちました。気になるのは採択発表日ですね。いつごろになるのか、過去のデータから予測をしました。

スポンサーリンク

採択発表日は6月中のもよう

採択発表は「6月中を目途に行う」と、公募要領にも書かれていますね。問題は6月のいつごろか、ということではありますが。

過去のデータを参考にする

過去11回の公募が行われています。それぞれの公募で、募集終了日から採択発表日までどのくらいの日数がかかったのかを下記にまとめました。

平均すると49日間ですね。ただ、最近の傾向としては長期化しているようで、平成26年度の2次公募以降は募集終了から採択発表まで50日を超えています。直近の平成28年度公募は59日間かかっています。この傾向からすると、やはり55日程度はかかるものだと思っておいたほうがよさそうです。

採択発表日は金曜日なのか?

この補助金界隈でまことしやかに言われているのは、採択発表のような重大な発表は、金曜日に行われるという噂です。過去のデータをみると、確かに、11回中5回が金曜日に発表されています。金曜日でないケースも多いですが、やはり有意に金曜日が多いように思いますね。

当社の予測。採択発表日は6月22日ではないか

上記のデータから推測すると、採択発表日は6月22日ではないかと考えます。募集終了日の4月27日から数えて56日目、金曜日です。確率的には最も高いのがこの日だと思います。次点は6月18日の月曜日。募集終了日の4月27日から数えて52日目で、金曜日に次いで発表実績の多い月曜日です。

いずれにせよ、6月17日から始まる週に発表があると期待してもいいと僕はみています。なぜなら、同じく6月中に2次公募が開始されるとする資料もあるからです。6月17日から始まる週に発表があり、その翌週である6月最終週に2次公募開始となるのが、例年のデータからすると自然ですね。

さて、この予測はあたるかどうか?楽しみですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の人気記事

1

【1/23更新】2020年(令和2年)に、令和元年度補正予算として「ものづくり補助金」が実施される見込みです。このページでは 「ものづくり補助金に申請したいが、申し込みできるだろうか」 「ものづくり補 ...

2

更新情報(2019/1/10) 2020年実施「ものづくり補助金」の最新情報についてのアップしています。 2020年実施「ものづくり補助金」最新情報はここをクリック! このページは、平成31年(201 ...

3

更新情報(9/12) ものづくり補助金・超基礎編の動画を公開しました。登録不要でご覧いただけます。もちろん無料です! おはようございます!マネジメントオフィスいまむらの今村敦剛です。 ものづくり補助金 ...

-ブログ, 融資・補助金

Copyright© マネジメントオフィスいまむら(東京・神戸) , 2020 All Rights Reserved.